2016年から2017年へ

年末のスナップ
ポコペンさん、ほんとに素敵!
b0064080_22545195.jpg

b0064080_2223946.jpg

28日、ロンサムストリングスの奏でるKnockin' on heaven's doorで久々に感情失禁
2016年に亡くなった大好きな人たちの顔が出てきて涙が止まらなくなる、そして2017年にやってくるだろう不安と希望を感じながら除夜の鐘のごとく繰り返される楽器のリフに思いを寄せる。
これで2016年も終わりだと軽く気合を入れそして弛緩する・・・・はずだった。

が、一夜明け(というより仮眠して)一年で最も長い一日が始まる(笑)

ライブ写真、左からPANTAさん(頭脳警察)、ケメちゃん(キノコホテル)、下山さん(ルースターズ)、中野さん(アナーキー)、ジェームスさん(ストリートスライダース)、永原元(ソウルフラワーユニオン)
この写真には写っていませんが他に宙也さん(デラックス)と幸也さん(ミュートビート)篠原太郎さん(ブレイカーズ)も入っている。

ありえない!

一昔前のロックといえば、いや二昔か、アナーキーの親衛隊なんかは対バンのファンを片っ端からぶっ飛ばしたり、何しろバンド同士が仲良くすることなんかなかった。
サンハウスの柴山さんと内田裕也さんの前でだけは抗争も沈着していたようですが・・・
ブッキングのトコロさん、ここ数年ほんとに凄い企画を展開してます。
昨年はここに村八分の加藤さんやチハナちゃん、ルースターズの花田さんもいたんだよなぁ。

中野シゲルさんを中心に当時の裏話が面白い。
まぁしかし、まさかシゲルさんと所沢の何とか水産で飲むことになるとは!
中野さん昼12時のリハから深夜3時過ぎまで喋りっぱなし、狂ってる(笑)

アナーキー19歳で初めて印税を100万もらって、寺岡さんの団地の一室にばらまいてみんなでダイブした話
「そこの団地のおばさん達には還元しなかったんですか?」と突っ込むと、かつての狂犬のような目つきで「するわけねーだろ!」と一括される(汗)

そしてこの日のライブで一番感じたこと、
PANTAさんが本当に凄い!
[PR]
# by mojo-m | 2017-01-07 22:25 | Trackback

17年1月のスケジュール

7日(土)
初blues 見たいな、夜

Open/18:30 Start/19:30
2000円(ドリンク別、エビセン食べ放題)

<出演>
★吉音佳織
★Good is good
★デキシーポーク
★さばいばるいとうunit



8日(日)貸し切り
21時30分より通常営業



9日(月・祝)
三遊亭遊喜×ナオユキ×塚本功

Open/14:00 Start/15:00
予約2500円 当日3000円

落語、スタンドアップコメディー、そしてギターの達人たちが独特な世界を作り出します!



9日(月・祝) 19:00~ 
ケンタローBLUES JAM SESSION Vol.105

Open18:00 Start19:30 
1000円(1ドリンク別+お通し付き)

誰でも参加できる飛び入りセッションです 。
是非、楽器を持って遊びに来て下さい。



10日(火)
ランチは臨時休業致します。
夜は貸し切りで、22時より通常営業致します。




14日(土)
武藤昭平withウエノコウジ
STRANGERS TOUR ~season3~
昼酒スペシャル

Open/15:00 Start/16:00
予約3500 当日4000(ドリンク別、えびせん食べ放題)



15日(日)・16日(月)は、終日臨時休業致します。



18日(水)
18時より貸切、22:00より通常営業致します。




20日(金)
上田和寛『今年も歌から始めましょう』

Open/18:00 Start/19:00
charge 4300円(ビュッフェ込み)



21日(土)
ザ・たこさんVSデルタ兄弟

Open/18:30 Start/19:30
予約3000円 当日3500円

<オープニングアクト>
★トバショウ
★ヤン・フレンジー



22日(日)
久島勝則トリオwith駒野正美 ライブ

Open/19:00 Start/19:30
1000円(お通し+1ドリンク付き)投げ銭ライブ

瀬川真吾(ピアノ)
広目亮(べ~ス)
久島勝則(ドラム)
駒野正美(ボ~カル)



23日(月)
アニーキーアゴーゴー×菊地のりよし&ヒューマンタッチ×一級河川荒川団

Open/18:30 Start/19:30
予約2500 当日3000(ドリンク別、えびせん食べ放題)



28日(土)貸切



29日(日)
ひのこバンド

[PR]
# by mojo-m | 2017-01-05 23:31 | 17年1月のスケジュール | Trackback

2016年 師走

すいません~年末の忙しさにかまけていたら12月の月間スケジュールを掲載し忘れていました。

そう、先日NHKラジオの「すっぴん」でエレキコミックのやついさんが、7年前に航空記念公園で企画した野外フェス「MOJO GROOVE」について語っており、吾妻光良とスインギンバッパーズがほんとに良かったと絶賛していただきましたが、
なんと今度は中村まりさんが本日の「すっぴん」にゲスト出演し年末に行われるモジョでのライブを告知していただきました。
その前の時点で実は予定席数が略埋まっていたので非常に嬉しい悲鳴が飛び交う本日のランチ営業となりました。
https://www.nhk.or.jp/suppin-blog/

いやぁしかしアレですよ、自分の趣味を押し通してこんな店を続けていますけど塚本功さんのスペースシャワーTVといい、たまにこうやってTVやラジオ、雑誌などで取り上げていただくと本質がミーハーなので嬉しいですね。

あっ、ついでに年末年始のお知らせです。
ランチ営業 12/27まで営業~年明け1/6より営業開始
夜営業   12/31まで営業~年明け1/5より営業
[PR]
# by mojo-m | 2016-12-19 15:19 | Trackback
b0064080_1313746.jpg


終演後、WCカラスさんと三上寛さんと深夜に我が家で鍋をつつく。
実をいうとこれが僕の中での「本番」

話の内容は中津川、GS、安藤昇、リリー、カルメンマキ、寺山修司、野沢享司、渡辺勝、永井ホトケ、深圳、当局…と話が尽きない。
自分もまるで吉田豪にでもなった気で寛さんの引き出しを片っ端から開けていく(笑)
貴重な話がいっぱい聞けて、あがた森魚さんや駒沢さん野澤さん井上堯之さんたちから聞いていた昔話に新しいピースがはめ込まれていく。

こんなチャンスを作ってくれたカラスさんほんとにありがとうございます。

ところで寛さんのモジョでのライブですが、
なんていうか、最初からダラダラとクライマックスを見せ続けられる映画の様な、または三途の川を前にして、生と死の間で武骨なセックスに付き合う様な、ライブの後にどっとくる疲労感も含めてそんな感じを受けました。

カラスさんと寛さん、共に美しい人です。
[PR]
# by mojo-m | 2016-11-16 01:33 | 過去のイベント | Trackback

16年11月のスケジュール

5日(土) 中野ミホ×keme×塩入冬湖
      Open/18:00 Start/19:00
      予約3000円 当日3500円(ドリンク別、えびせん食べ放題)

      ★中野ミホ 
       札幌在住、女子5人のロックバンドDrop’sのVo&G。
       2009年結成。
       2011年インディーズで1stミニアルバム、2013年メジャーで1stアルバム、
       2016年5月4thアルバム『DONUT』、9月ライブアルバム『IN LIVE SOMEWHERE』を
       リリース。
       ブルース、ロックンロールのスピリットを持ち、ソウルフルなボーカルが多くの注目を集める。
       弾き語りにおいてもその力強いボーカルは健在。 
       http://drops-official.com/

       ★keme
       説得力のある力強い歌い方と歌詞そして、懐かしくも新しくも聴こえるメロディは
       フォー ク全盛期世 代のみならず、今を生きる若者からも支持されているフォークロックシンガー。
       2008年2月23 日ファーストミニアルバム『声にならない』をリリース。
       http://kemechan.syncl.jp/

       ★塩入冬湖
       サポートドラム、ギターを交え活動中のロックバンド FINLANDS のVo&G。
       2012年結成。
       2013年1stミニアルバム、2016年7月1stアルバム『PAPER』を発表。
       2015年12月には弾き語り音源『特別になる前に』をリリース。
       キャッチーなメロディ、エモーショナルで存在感のある魅力的な声が突き刺さります。
       http://finlands.pepper.jp/





7日(月) 月曜日をぶっ飛ばせvol.13「関 雅樹+岡井大二Session×NOBDYLAN」
       Open/19:00 Start/20:00
       3000円(ドリンク別、エビセン食べ放題)

       出演
       ★関 雅樹+岡井大二Session
        関 雅樹gtr、石井為人pf、宮野和也bass、岡井大二dr(四人囃子)、加賀明宏sax
       ★NOBDYLAN
        早川伸生Vo.&A.G、伊東昌喜Vo.&A.G、荒木聖行Mandolin、新井信生Bass、CHIKA
        Vo.&Cajón




12日(土) モアリズム LIVE
       Open/18:30 Start/19:30
       予約2000円 当日3000円(ドリンク別、えびせん食べ放題)

       <オープニングアクト>
       平野良昌
       元SWING BEAUCOUPのメンバー。CABBAGE&BURDOCKを結成するも2016年の元旦に
       脱退。今はひとりで、歌いたい曲を、歌いたいように、歌っている。

       ※当日のお昼に航空公園で開催される「暮らすトコロマーケット」にもモアリズムの出演が決定し
        ていますが、そちらで前売りチケット(予約料金)の発売も予定しています。
        併せて通常通り電話とメールでもご予約を受け付けています。

        暮らすトコロマーケットhttp://kuratoko.com/
        モアリズム target="_blank">http://www.morerhythm.net/




13日(日) ケンタローBLUES JAM SESSION Vol.103
       Open18:00 Start19:30 
       1000円(1ドリンク別+お通し付き)

       誰でも参加できる飛び入りセッションです 。
       是非、楽器を持って遊びに来て下さい。




14日(月) 三上寛 vs WC・カラス+近藤哲平
       Open/19:00 Start/20:00
       予約2500円 当日3000円(ドリンク別、えびせん食べ放題)




19日(土) 貸切
       21時より通常営業




20日(日) まなべ祭り
       Open16:00 Start16:30




21日(月) バーテンダーの上田くん。~出張編~
       チャージ 3000円(ドリンク別、えびせん食べ放題)
       Open18:30 Start19:30

       ※こちらのご予約は人数に達した為、終了致しました。




23日(水) 終日、臨時休業致します。




26日(土) デスペラード9周年イベントvol. 3「70s リアルカルチャーフォーエバーnight」
       Open18:00  3500円(1ドリンク付き)

       出演 
       ★クック豊元&クックガールズ
       ★The Crazy Sounds
       ★石井明夫
       ★Baby Show
       ★DJ WADA  他




27日(日) 加藤エレナ(Vo,Key) 江口弘史(Ba)Duo live
       Open18:30 Start19:30
       予約2500円 当日3000円(ドリンク別、えびせん食べ放題)

       <オープニングアクト>
       菅原 広巳




30日(水) Ariyo(有吉須美人)凱旋LIVE
       Open19:00 Start20:00
       予約3000円 当日3500円(ドリンク別、えびせん食べ放題)

       <出演>
        Ariyo(p)、小竹 直(g)、Kotez(harp)、江口弘史(b)

       <オープニングアクト>
       中田マサミwithウエストポーチーズ

       ★Ariyo(有吉須美人)
       1983年渡米。”Jimmy Rogers Blues Band”に加入。全米/カナダをツアー。
       1985年、”Robert Jr.Lockwood”の日本公演に参加。(P-VINEよりDVD)
       1986年、”Valerie Wellington Band”に移籍。翌年、世界最大のブルース・フェス『シカゴ・ブ
       ルース・フェスティバル』に東洋人として初めて出演。
       1988年、”Otis Rush”ヨーロッパ公演に参加後帰国。日本ではソロ活動や自己名義のバン
       ド”Ariyo’s Shuffle”を率いる傍ら、憂歌団、ウエストロード・ブルースバンド、近藤房之助、上田
       正樹、甲本ヒロトらとセッション。
       2000年再渡米。グラミー賞に三度ノミネートされたビリー・ブランチのバンド、”Billy Branch
       &The Sons of Blues”に加入。
       2003年、2007年『シカゴ・ブルース・フェスティバル』
       2005年『シカゴ・ジャズ・フェスティバル』にソロ出演。
[PR]
# by mojo-m | 2016-11-03 23:36 | 16年11月のスケジュール | Trackback

文学について

NHKの「SWITCHインタビュー 達人達」で取り上げた現代美術作家の杉本博司氏の話がとても面白かった。
生活のために古美術商をしながら夕方に店を閉めてから空いている時間でネガを現像する話、芸術家であるということと生きていくということを割り切っている姿勢、そして成功するには古美術商の経験が不可欠だったと語ってます。

技術だけを磨き表現する人は技術者であって芸術家(アーティスト)とはちょっと違うんじゃないかと、たまに生意気なことを言いますが。
どのような表現方法で自分を表現するのかは当たり前に重要ですが、大事なのはその材料「自分」なんです。

高田渡は決して作曲家として優れてはいないし有名な歌詞に至っては山之口貘の作品です。
でも何が魅力だったのかといえば、自堕落で面倒くさい彼自身が作品だったのでしょう。
そういう風に自分自身を作品としてプロデュースできない芸術家は嫉妬を持ち、時に技術論に逃げる。


話しはおかしくなりますが、
僕は全ての芸術表現(プロレスも含め)に対して文学性を重視しています。

「字」ってね、
絵画にしたってタイトルが必要だし、インストの曲にも言葉による説明が有ると無いとではまた印象が変わります。
プロレスにおいては実況と解説の言葉のやり取りは不可欠ですよね。

「字」の力って気づかないところで色んな影響を担っていますよね。
そしてすべての芸術作品は言葉によって解体され再構築され消化されたりと。

若いころ、後輩の大ちゃん(プロレス仲間)が「太宰治にエレキギターを持たせたら絶対に凄いパンクバンドが出来たはずです」って熱く語っていたなぁ。

あ、何が言いたいのかっていうとボブディランが文学賞を取ったことがちょっと嬉しかったってことです。
[PR]
# by mojo-m | 2016-10-21 02:51 | Trackback

塚本功

塚本功さんのPV第2弾です。
今週木曜日は池袋のライブにお供します♪
https://www.youtube.com/watch?v=2KPoi3wq_OI&feature=share
[PR]
# by mojo-m | 2016-10-12 03:58 | Trackback

所沢の音楽喫茶「MOJO」店主が綴る寝言の数々


by mojo-m