2015年3月のスケジュール

1日(日)
LIVE&DJ PARTY BEDTOWN vol.15
Open/Start 13:00
予約3000円 当日3500円 kids1500円(全て1Dと揚げたてえびせん食べ放題付!)

LIVE:
tobaccojuice
Indus&Rocks
内田コーヘイトリオ(内田コーヘイ 高田陽平 WADAMAMBO)

Guest DJ:
SHEN RHUM

DJ:
gommissey
yoai




2日(月)
月曜日をぶっ飛ばせVol,9 Republic session
Open/19:00 Start/20:00
3000円(ドリンク別、エビセン食べ放題)

Republic session
関 雅樹Gt
石井為人Key
大西 真Ba
岡井大二Dr(四人囃子)

サポートアクト
SCREW MOSS
吉田 貴仁Gt,Vo
峯 健一Dr.VO
浪岡 純一B.CHO
ゲスト 伊東マサキKey.CHO




7日(土)
三蔵法師
Open/19:00 Start/20:00
2000円(ドリンク別、エビセン食べ放題)

「三蔵法師」
洋楽邦楽問わず数々のヒット曲をアコースティックギター3本で演奏するユニット。

JIZO=中村jizo敬治
ギタリスト、シンガーソングライター :
自身のソロ活動の他
HOT KUMA、 aureole
等のバンドで活動中

YOZO=塚本陽三
ギタリスト、コンポーザー
岡田浩暉、吉田朋代、森圭一郎、LEGOLGEL、
鈴木美穂、速水奨、伊藤静などのアーティストのライブサポート。
(株)Zoomの製品デモンストレーター

JUNZO=下谷淳蔵
ギタリスト、アレンジャー、コンポーザー
40枚以上のCD作品に参加、
50組以上のライブサポート、
現在は三蔵法師の他にインストユニットITSでも活動中。




8日(日)
Walkin’Back
Open/17:00 Start/18:00
3000円(フード付き、ドリンク別)




13日(金)
こまっちゃクレズマatモジョ
Open19:00 Start20:00
予約2500円 当日3000円 (エビセン食べ放題、ドリンク別)

こまっちゃクレズマ
梅津和時が作った日本初のクレズマー・オーケストラ、ベツニ・ナンモ・クレズマーを前身に、旅まわり仕様の小編成の楽隊として、1996年から活動スタート。メンバーはPOP音楽の屋台骨を支える、地味だが強力な個性の集まりである。国内はもとより、遠くモンゴルやロシアにも遠征して、言葉は通じないながらも、老若男女から大喝采を浴びた。出没する場所もまた、海小屋、都電、廃校,古民家、ビニールハウスといっぷう変わった場所での企画イベントから、代々木アースガーデン、ナチュラルハイ等の野外フェス、ファッションデザイナーNOZOMI ISHIGUROとのコラボなど、ユニークな活動を展開している。また、ヴォーカリストとの共演も数多く、その歌心あるサポートぶりには定評がある。これまでの共演は、おおたか静流、小川美潮、白崎映美、東京ナミィ、石川浩司、知久焼久、大工哲弘、原マスミ、早川義夫、巻上公一、ガレージ・シャンソンショーなど。タップダンスの熊谷和徳とも。おおたか静流とは、2007年の共作「すっぽんぽん」に続き、2014年ミニアルバム「トペラトトのおどり」をリリースした。
http://www.k3.dion.ne.jp/~u-shi/koma_index.html

サポートアクト
木製の椅子
https://www.facebook.com/mokuseinoisu
https://twitter.com/yurika_moku




14日(土)
ケメ、吉田ケイ、ヤンフレンジー
Open/18:00 Start/19:00
予約2500円 当日3000円(ドリンク別、エビセン食べ放題)

出演
ケメ(キノコホテル)
吉田ケイ(That’s a NO NO)
ヤンフレンジー




15日(日)
ケンタローBLUES JAM SESSION Vol.84
Open18:00 Start19:30
1000円(1ドリンク別+お通し付き)

誰でも参加できる飛び入りセッションです 。
是非、楽器を持って遊びに来て下さい。




19日(木)
貸切、21時30分より通常営業になります。




20日(金)
遠藤ミチロウ
Open/19:00 Start/20:00
予約3000円 当日3500円

遠藤ミチロウ
1950年福島県二本松市生まれ。 日本のロックシーンに衝撃を与えた伝説のパンクバンド、ザ・スターリンの中心人物として1982年にアルバム『STOP JAP』にてメジャーデビュー。その強烈な存在感とカリスマ性で圧倒的な支持を集め、一世を風靡する。1985年にバンドを解散してからは、ソロアーティストとしてのキャリアをスタート。アコースティックギターを抱え、毎年全国150ヶ所以上をツアーしている。並行して3つのアンプラグド・パンクバンド、M.J.Q、TOUCH-ME、NOTALIN'Sでも活動中。




21日(土)
第1弾・BLUSEみたいな夜・・・・ふっふっふ・おいで・
Open/18:00 Start/19:00
予約2000円 当日2500円(ドリンク別、エビセン食べ放題)

出演
完治郎、カモネギ、一級河川荒川団、さばいばるいとうGROUP




22日(日)
久島勝則カルテットwith駒野正美(投げ銭ライブ)
open 19:00 start 19:30
お通し(500円)+オーダー

駒野正美(vo)
久島勝則(ds)
杉山つよし(g)
瀬川真悟(p)
越坂部智彦(b)




27日(金)
ヤマザキヤマト、Iyco & Kaka Furaha Edit
Open/19:00 Start/20:00
1000円(1ドリンク、エビセン食べ放題)+投げ銭

ヤマザキヤマト
アフリカやブラジル産まれの太鼓たちや20世紀最後の発明楽器と言われるHANGを駆使し躍動と癒しの音色を奏で歌う。心に響く歌詞そしてユニークなパフォーマンス。子供も大人もきっと笑顔の時間に。
2001年より全国を巡るツアー活動開始。
2004年ファーストアルバム『闇を走る』発表。
2006年セカンドアルバム『to the moon』発表。
2010年サードアルバム『BLUE & RED』発表。
http://www.yamazakiyamato.com
https://www.youtube.com/watch?v=vsJcagey4TI

Iyco & Kaka Furaha プロフィール
2009年から、「Iyco」としてソロ活動を開始。 2010年、1st アルバム『UTA』を全国リリース。 2011年、1stアルバム収録曲『ひまわり』が ABC放送 『Street Fighters』 のエンディングテーマとして4ヶ月間オンエアされる。 2012年、フジロックフェスティバル出演。 2013年、2ndアルバム『MOYO』を全国リリース。 その後、ギターに冬樹、バッキングボーカルにtisavo、missyがバンドメンバーとして加わり、Iyco & Kaka Furaha(アイコ アンド カカフラハ)を結成。
2015年、5月には南部アフリカ、ジンバブエのハラレにて、南部アフリカ最大級と言われるフェス、「ハラレ国際芸術祭」にバンドメンバー全員が招待され、出演が決定している。
空、海、風、雨、土などの大自然、そして人の温もりが感じられるようなサウンドを追求する。大好きなアフリカテイストを取り入れつつも、和の響きを大切にしたJ-Africanというジャンルの先駆者としてワールドワイドな活動を目指している。
http://iycoiyco.com/
http://youtu.be/8bMAYkxl2L8
http://youtu.be/6xlP_tqeifM




28日(土)
CABBAGE&BURDOCK presents 【マジカルロマンティックナイト 第2夜】
open/18:00 start/19:00
予約2000円 当日2500円(共にドリンク別)

出演 CABBAGE&BURDOCK バロン世界一周トリオ

【CABBAGE&BURDOCK】
2014年、それまでデュオとして細々と活動していた平野良昌(Vo/Gt)と前田治(Ba)に、渡邉寛典(Gt)、竹廣類(Acc)が加わり本格的にライブ活動を始める。 マカフェリギター2本、ボタンアコーディオン、コントラバスに平野のしゃがれた歌声を乗せて、時に激しく、時にキッチュに、時にセクシーに! フランスの伝統音楽ジプシースウィングに傾倒しながらも、ジャンルにとらわれず、歌い、踊り、叫び、喜ぶ!!
http://cabbageburdock.com/

【バロン世界一周トリオ(バロンと世界一周楽団)】
音楽から生まれるコメディー。コメディーから生まれる音楽。 音楽で世界一周旅行中。 オリジナル楽曲から日本語のスイングジャズ、スカ、童謡、ラテン等 ジャンルはワールドワイド。 アコースティックでレトロでコミカル。 そんな喜劇演芸楽団です。 時々トリオ(バロン世界一周トリオ)としても活動中。 老若男女問わず心踊らせます。
http://www.aroundtheworldorchestra.com/




29日(日)
終日貸切




30日(月)
ロンサム・ストリングス with 比屋定篤子
Open/19:00 Start/20:00
予約2500円 当日3000円(ドリンク別、エビセン食べ放題)

ロンサム・ストリングス
2000年初頭、桜井芳樹の呼びかけでレコーディングを念頭に結成。
それぞれが弦楽奏者として各所で活躍する4人が揃ったストリング・バンド。オリジナル曲やブルース、カントリー、ブルーグラス、トラッド/フォーク、ジャズ、タンゴ、ハワイアン等々らしき影響のもと、4種の弦楽器でインストゥルメンタルを演奏する。これまでにオリジナルアルバム5作品とアンソロジーアルバム1作品をリリース。他にシンガーソングライターの中村まりとの共演アルバムをLonesome Strings and Mari Nakamura 名義で2作品発表し、フジロック・フェスティバルやライジング・サン・ロックフェスティバルに出演。多くのミュージシャンからリスペクトを受けており、これまで、湯川潮音、浜田真理子、小松亮太、カルメン・マキ、おおはた雄一、栗コーダーカルテット、ふちがみとふなと、朝日美穂、比屋定篤子、等と共演も多い。2012年、オリジナル・メンバーのベーシスト松永孝義が急逝し、現在は千ヶ崎学が参加している。
桜井芳樹:guitar, etc 田村玄一:steel guitar, etc 原さとし:5-string banjo 千ヶ崎学 : contrabass
http://www.lonesomestrings.com/
https://www.facebook.com/lonesomestrings

比屋定篤子
幼少の頃から歌うことが大好きで合唱団に6年間所属する。
武蔵野美術大学入学後、同大学のサークル「ラテン音楽研究会」に参加。バンド活動を始めボーカルを担当する。
在学中、作曲家を目指す小林治郎と出会い、オリジナル曲の共作を始め、東京都内ライ
ブハウスでの活動を開始。
1997年、Sony Musicよりデビューし、7枚のシングル、3枚のアルバムをリリース。
2001年に拠点を故郷の沖縄に移す。2004年からこれまでに、Happiness Recordsより
4枚のアルバムを発表。
沖縄県内外でのライブ活動をマイペースに継続。ライブサポートは、主にChoroClubの
ギタリスト笹子重治氏。共演歴15年となるデュオでのライブは、各地で好評を得る。
http://www.atsukohiyajo.com/
[PR]
トラックバックURL : http://mojomojo.exblog.jp/tb/24185853
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mojo-m | 2015-02-28 01:11 | 過去のスケジュール | Trackback

所沢の音楽喫茶「MOJO」店主が綴る寝言の数々


by mojo-m