「ほっ」と。キャンペーン

WCカラス



先日、所沢のジラソーレでWCカラスさんのサポートをしてきました。

これ!
カラスさんの新譜を初めて聴いたとき、これだ、これはWスライドでいったら絶対にカッコいいと思って仕事中にもかかわらず、すぐさまCDに合わせて弾いたやつ。

それで一昨日の本番当日、勝手にドブロを持って行って横で合わせて良い?って言ったら俺のギター聴きもしないで「リハ無しでやったほうが楽しいかな?」って返してくれたカラスさんの懐の深さに感激。

そんな感じで許容してくれるからカラスさんとやるときはいつも甘えている自分がいます。
だからこそ自分が出しゃばらないように心にくぎを刺すのです。

考えたら初めてカラスさんの音源を聴いたときから、その音と世界観に自分の中のそれが全部しっくりハマる快感が走ったのです。
そしてそんなカラスさんがデビューしてから徐々にいろんな人たちに愛されていく姿に、自分の信じる音楽が決して独りよがりではないんだと細やかな希望を持つことが出きるのです。
[PR]
トラックバックURL : http://mojomojo.exblog.jp/tb/26655749
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mojo-m | 2017-02-16 00:18 | Trackback

所沢の音楽喫茶「MOJO」店主が綴る寝言の数々


by mojo-m