「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:独り言( 1 )

戯言

何故、ISILが増長するのか?
何故、人は突然宗教に傾倒するのか?
何故、突然思想にかぶれるるのか?
その「何故」を解明することが重要なのであって、反社会的なものをただ攻撃して根絶やしにしようなんて事は到底不可能です。
だってそれはそもそも実態が無いのだから。
政治においても与党を過剰に賛美したり、はたまた国家に対して疲弊するのも本質は社会(生活)に対するストレスから発生していることが根底にあったり・・・・そう云った人たちが組織と云う枠組みでものを語り攻撃しあうのは何とも心が醒めてしまう。
そこに展開される議論には個人のオリジナリティーは微塵もなく、いうなれば退屈であり、気の毒だなぁと情けすら掛けたくなる。

先日、お客さんに近代史について熱く語ってしまったら
「マスターとディベートしたら勝てないね」って言われたけど、
僕からしたらそれはその時点で完全に僕の負けなのです。
僕の本意は常に思想や発想を話相手に許容していただきたいのであって、正論で打ち負かすというのは相手を挫折させてしまったり敵意を増幅させる行為なので僕の理想からすれば真逆の展開なのです。
理屈なんてものは先方に受け入れてもらわなければただの屁理屈にしかとられないのです。
そんなもので人の心を満たすことは出来ない。
そう云った意味で「熱く語る」ってこと自体、自分自身が稚拙なんです。

「人の心を満たす」なんて、おこがましい事を書いてしまったけど、
僕は小さいながらもモジョというコミュニティを構えている手前、そこは無視することが出来ない。
本来ならば、食べ物と飲み物をリーズナブルに提供し、それなりに上っ面なサービスをすれば飲食店などと云うものは成り立つのでしょうが、そのもう一つ先の「幸せ」を提示し共有することで付加価値をつけたいのです。
そう、欲張りなのです。

10人いれば10人の生活があり、それに伴った10人の考え方があります。
そういったものがいがみあうことなく何処かで接点をもって各々を受容できるようにするのが最終的にコミュニティに参加する人の喜びであり僕の幸せなのです。
本当は差し障りなくカウンターの中で下ネタでも言って茶を濁してニヤニヤしていればいいのでしょうが。
つい余計な事をしてしまう。

政治、宗教、野球の話は飲食店ではタブーだよって一般的に言われているけど、
僕ね「タブー」ってのが大嫌いなんです。
そんなものはタブーでも何でもなくてただ単にコミュニティ管理者として怠けているだけなんじゃないかと思うのです。

ん~酔ってる。
これこそ屁理屈だ。
[PR]
by mojo-m | 2015-01-27 06:59 | 独り言 | Trackback

所沢の音楽喫茶「MOJO」店主が綴る寝言の数々


by mojo-m