「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

すいません、明日(2/28)は臨時休業です。

渋谷のオンエアイースト(O-east)でのボカン(私がギター・ボーカルを務めるバンド)のライブをやります。
2/28(月)
EASTofTERIA~テリアの東~第8回
open17:30/start18:00 ¥2000
私(ボカン)の出番は21時くらいになりそうです。

北海道の一匹狼タカシ君よりTELあり、フジロックの出演者が一部発表されました。個人的にグッと来たのがスティールパルス、80年代に活躍したUKのレゲーバンドです。何で彼らを?まだ活動してたの?
ローラースケートという曲が大好きでした。演奏時間がベックとかぶっても、スティールパルスを取ります。
[PR]
by mojo-m | 2005-02-28 04:55 | Trackback

ソーセージ

本日は昼から従姉の結婚お披露目パーティ。ついつい飲んでしまいました・・・日本酒。
昼に飲む酒はなんだか頭の中をぶっ壊します。
20時から通常営業でしたが、頭の中がぜんぜん通常ではありません。
自覚をしたら負けなので「オレ風邪ひいた」とか「オレ疲れてる」とか「オレ嫌われてる」とか「ちょっと鬱かも」などとは出来るだけ考えないようにしてます。
だけどなんだか昼の日本酒はオレの中のニール・ヤングを起こしてしまいます。

今、テレ東で「THE マンパワー!!!」というモーニング娘のプロモーションビデオが流れてます。これ巷の女学生などがカラオケで歌うのでしょうか?
マンパワーってすばらしい~とか歌いながら恥骨を突き出してます。
あ~ダメだこりゃ
[PR]
by mojo-m | 2005-02-27 04:35 | Trackback(7)
塩田様より、ポリスのライブ版1979年と1983年の二枚組みを拝聴。
たった4年の差ですが別のバンドのようです。83年はシンクロニシティー・ツアーですが、演奏のクオリティが高いです。だけど79年と比べるとなんか物足りないです。79年はガレージバンドの匂いがプンプンです。一人一人がオレがオレがと汗まみれになってる感じが音から伝わります。

渋谷のオンエアイースト(O-east)でのボカン(私がギター・ボーカルを務めるバンド)のライブ決定しました。
2/28(月)
EASTofTERIA~テリアの東~第8回
open17:30/start18:00 ¥2000
私(ボカン)の出番は21時くらいになりそうです。

ということでその日のMOJOは臨時休業します。スイマセン
[PR]
by mojo-m | 2005-02-26 03:16 | Trackback
みんなお疲れさま。平日の大雪だというのによく集まりましたね。前回に引き続きマニアックなパフォーマンスが目白押しでした。

私事で恐縮ですが、イベントを観に来ていたお客さんから今月28日に開催されるオンエア・イーストのイベントへのボカンの出演以来を受けました。う~出たい、イーストのステージに立ちたい、しかし店が・・・あぁかみさんに何て言おうか・・・。あれこのシチュエーションなんか似てるぞ。ブルース・ブラザースだ!
[PR]
by mojo-m | 2005-02-25 07:42 | Trackback(1)

ゼンマイとキノコの煮物

この日がいよいよ来てしまった。
明日(13時間後)はビックベイビーです。ビールを飲み続ける為に命を懸ける男たちのDJイベントです。
さっき酒屋に70リットル発注しました。さぁ来い!でっかい赤ちゃん。
[PR]
by mojo-m | 2005-02-24 04:48 | Trackback

厚揚げと肉味噌

青年) ライブやりたいんですけど・・・客呼ばなくてもいいんですか?
私) うちも客呼ばないよ。
青年) それでもいいです。
私) だったらその辺のスタジオでやればいいじゃん。
青年) はぁ・・・まぁ・・・。

最近、こういった会話がたまにあります。
マスター・ベーションしたいのは分かります。
すればいいんです大いに、しかも若いんですから。だけど公共の場所ではどうかと思うんですよ。(何、そっちの方が燃えるって?)

MOJOではオーディションもチケットのノルマもありません。はっきりいって敷居は低いです。ただそれは演奏者やお客さんに、つまらない負担を掛けたくないからそうしてるのです。
オーディションが無いのは、ひとを楽しませるのに技術は二の次になることが多々あるからです。一番重要なのは、志なんです。逆に言えばそれさえあればいいんです。
でも、「志」ってのが一番曖昧なんだよな。オーディションくらいやろうかなぁ。
[PR]
by mojo-m | 2005-02-23 02:41 | Trackback(3)
私が今だ続けているバンドがボカンという名前でありますが、かつてヤマトさんがやっていたバンドがドロン
ん~運命を感じます。

凄いタブラでした。ジャンベも口琴も木琴のヒョウタンが付いたやつとか、どれもこれも最高でした。そして、そんな中で芝井さんの声がビシッと主張します。こんな音を生で聞いてたら、アメリカでやってたグラミーとかどうでもよくなってしまいました。Nunitまた観たいです.
[PR]
by mojo-m | 2005-02-21 06:34 | Trackback(2)

ジュレップス ライブⅡ

今回、面白いキャラクターを発見!
クラッシック・ギターの高橋少年です。いや高橋君と呼ぼう。
現役高校生にしてはかなりの腕前、持ってるギターは66万円、通う高校はかなりハイレベル。
コンクールなどではかなり有名なのかと思いきや「コンクール系は嫌いです」とばっさり。本人曰く「コンクールはミスをチェックする減点式だからつまらない」とか。
かっこいいぞ高橋君!きみにはロック・スピリットがあるぞ。ピッキングミスだって表現のうちだぜ。ジミーペイジだって同じだぜ(同じにしちゃ失礼なほど高橋君はうまい)。
16歳にして芸の理屈をよく理解している。なにしろ素晴らしい。
コンクールというのはプロとして名前を売る手段、彼にはその必要は無いようです。高橋君は将来、新幹線を作りたいのだとか。表現者として面白いヒトってのはプロの端くれより素人の極みですよ。リッチー・ヘブンス賞をあげたいです。
しかし66万のギターを与えた親の気持ちを考えると、ムムム・・・考えるだけ野暮ですね。

何はさておき、ジュレップスのみなさんお疲れ様。イベンターをしながら自分たちのステージに集中するのはとても大変なことです。イベントの成功、おめでとうございます。
[PR]
by mojo-m | 2005-02-20 06:51 | Trackback(3)
ヤバイ、風邪ひいた
大ちゃんも同じタイミングでダウン。これはもしや3日前に二人でいった、あのラーメン屋でうつされたか?油が表面を埋め尽くし納豆が沈殿する心の故郷、あの店でやられたのか?
音響と調理にスムーズに対応ができない。なさけない。
それはさておき、ダイナマイト・ミキさん、なかなかユニークでした。昭和歌謡とソウルの大御所といえば和田アキコですが、サムクックが出てくるあたり、若き日のアッコさんの臭いがしました。次回が楽しみです。
こんな日は96さんの「エリチエミ」が大活躍です。みんなありがとうございます。
[PR]
by mojo-m | 2005-02-19 07:06 | Trackback(1)

アンコウの肝

誰が考えたのか?最初に誰のCDがやったのか?
なんなんだ紙ジャケCD
紙ジャケのメリットについて一つでも知ってる人、教えてください。
薄さ、についていえばファイルで管理すれば問題がありません。我家もCDが500枚を越えた辺りから、ディスクとジャケットを全てファイルに収納してケースを棄てました。
「質感」という意見もありますが、よく解かりません。レコードジャケットは、あのサイズに魅力があるのでしょ。

ゾンビーズかっこいいです。アニマルズやヤードバーズがタイガースやスパイダースだとしたらゾンビーズはモップスみたいな感じでしょうか。あ、でもカーナビーツがコピーしてます。
関係ない話ですが、僕の中で鈴木ヒロミツは日本のジム・モリソンです。
[PR]
by mojo-m | 2005-02-18 04:34 | Trackback(42)

所沢の音楽喫茶「MOJO」店主が綴る寝言の数々


by mojo-m