<   2005年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

豚肉と筍の煮物

やっとこの日が来ました。
あと三時間後には苗場に向けて旅立ちます。
一年間がんばったご褒美だと思うと、なんだか積み上げられた問題からも一時的に開放されるような気がします。
営業開始は8/2のランチからです。
それではみなさん、行って参ります。
[PR]
by mojo-m | 2005-07-29 01:15 | Trackback

手羽先の煮物

むしょーに女の声が聴き(聞き)たくて、アイク&ターナーディオンヌ・ワーウィックソニー&シェールメリー・ウェルズを購入。
中でもディオンヌ・ワーウィックは最高!ツボに填りました。

見知らぬ会社より本らしきものが届く。
開けてビックリ、ストレンジデイズの九月号!お~なんと、この雑誌社に勤めるU村氏よりのプレゼントではないか。
しかも表紙はジェファーソン・エアープレイン
このバンドとバニラ・ファッジは18才の頃のマイブームでした。
むむ・・・グレイス・スリックの現在の写真がのってますねぇ、面影がありますが、バーサンですね。当時は白痴系美少女と騒がれてたと聞きましたが・・・

「歳をとって後悔することは、自分がやったことではなくて、やらなかったこと」だって
このセリフ、ぼくの周りのウツボ野郎たちに聞かせてやりたいねぇ。
にしても彼女が一番後悔してるのは「ジミ・ヘンとピター・オトゥールとセックスしなかったこと」なんだって、アハハ・・・
命短し恋せよ乙女ってか。いやいや三十サセゴロ四十シゴロってのもあったな。
[PR]
by mojo-m | 2005-07-21 19:41 | Trackback(1)
7/14 ヤマザキヤマト、ジブコン
ジブコンMOJO初登場、かっこいいなぁディジュルドゥ!トカゲの飾りが何ともグーですね。
あれれ何か演奏の音に交ざってるぞと思ったら、ホーミーじゃありませんか。
初めて聴きました、生ホーミー(ホーミーもどきはよく聴きましたが)。やられちゃいましたよ。

7/16 Welcome To The Summeer
夏ですよ~とゆうタイトルでジャズ中心のライブ・パーティー。しかしなぜだ、何故ジャズギターはチョーキングしない?クロスオーバー系の人たちはバリバリ引っ張ってたぞ。
「~は~じゃなきゃいけない」というのが昔から嫌いです。音のカテゴリー分けに一番重要なのは志だと思ってます(俺が青いのか?)。グランドピアノの弦を木槌で叩くのは有りなのに・・・誰か教えて。
トリを勤めたアビコーズはブルースバンド。三点倒立したボーカルの股の上にテナーサックスを乗せて吹きまくられた時はハッスルしましたよ。バンド名は藤子不二雄のA先生から来てるとの話に親近感をおぼえました。個人的にまた呼びたいっす。

7/17 マンナ・レコ発ライブ 
新譜発売おめでとうございます。それにしても入江さんの指のスピードは凄い!高橋名人を思い出しました。

7/18 Orugan Fank!Soul!Jazz!! 
小野秀央、須川光、三木俊彦は職人の極みのようなトリオです。演奏が始まると三人とも目がキラキラしてたまりません


と、この一週間も怒涛の如く過ぎてしまい、ブログがぜんぜん更新できませんでした。というのは言い訳で、個人的に映画週間。
4本観ましたが、ずば抜けて面白かったのが「どですかでん」「電車バカ~」と石を投げられるシーンと乞食親子の家を建てる妄想が最高!
しばらくは街を歩く時「どですかでん、どですかでん、どですか、どですか、どですかでん・・・」と呟きそうです。
[PR]
by mojo-m | 2005-07-20 22:18 | 過去のイベント | Trackback(2)

揚げ餃子の甘酢あんかけ

サマーソニックにDEEP PURPLEの参加が決定。
これぞまさにスペシャルゲスト!まいりました。
[PR]
by mojo-m | 2005-07-13 06:53 | Trackback(1)

2005年8月の予定

1日  臨時休業

7日  あなん和也 「屋根の下のストリート・ライブ」 20:00~26:00投げ銭
      リクエスト セッション のっとり パフォーマンス 何でもあり!

8日  チッコ相馬となんもだブラザース  投げ銭

9日  18時~19時貸切

13日 山嵜大路プレゼンツ「ゆかた祭り」  アコースティック・ライブ&ホッピー飲み放題

20日 D2ライブ

21日 OVOs企画

27日 Tempo主催 DJイベント
[PR]
by mojo-m | 2005-07-13 04:12 | 過去のスケジュール | Trackback(3)

闘魂三銃士

「負けたら即引退・・・」とかタイトルつけられて東京ドームで小川と戦ったとき、僕の席の斜め前に橋本の奥さんは座ってました。プロレスはファンタジーと思いつつも、奥さんにインタビューするアナウンサーやらを照らす照明には残酷な物を感じました。

維新軍、UWF、ときて闘魂三銃士、その頃が夢中になった絶頂期です。
僕の中での当時一番の醍醐味は異種格闘技戦、ゴルドーやニールセン、古くはウイリーなどと戦う新日のレスラー達には何度も感動しました。三銃士でいうなら武藤の異種格闘技戦は素晴らしかったのを覚えてます。
そして、三銃士といえば、IWGPよりもG1クライマックスが思い出深いです。そして特に蝶野が突出してかっこよかったのを記憶してます。ウルトラマンのスペシュウム光線のごとくSTFが極まれば「きまった~」と両国でのどを嗄らして絶叫してました。

「橋本は駄目だなぁ」といつも仲間内で語られてました。でも「駄目」にすらなれないレスラーがいっぱいいる中、パンタロンとモミアゲとチョップは僕の憧れでした。

彼は長生きすると思ってました。そしていつかストロング小林のようにテレビの中でタレント橋本として発見した時「またやってるよ橋本~」ってつっこんでる自分を想像できたりしてました。

御冥福を祈ります。 
チョップ魔神
[PR]
by mojo-m | 2005-07-12 05:25 | Trackback(1)
7/9 Relaxin' with Grapple,Woosh,Doodlin'Barber Shop!!
最高だねクラブイベント!テッペイ兄さんの引き出しの多さには感心させられます。
踊り踊るなら、なんだかんだいっても横にキュッと腰が入るやつ、JB、カーティス、アイズレイ、フォートップス、スライなんかが個人的には最高に好きです。
もちろんロックンロールは最高だし先日Doodlinで聴いたフィッシュマンズもグーでしたよ。
この日はその他にもハウス、スカ、ラテンなど、どのDJも場馴れした感じで乗せられっ放しでした。
ともあれ仕事を忘れてしまいました。

しかし、この手のイベントでふと思うのですが、ヒップホップ、トランス、ユーロビートをかける人が居ませんね、何か因果な関係でもあるのでしょうか?一昔前は何処いってもDJシャドウはヘビーローテーションでしたね。この辺の話はまた今度。


7/10  菊谷カルテッド
ゲスト参加型になり、だんだんこのイベントも盛り上がってきているような気がして微笑ましいです。みんなジャズに拘るからこそ安心して見ていられるのかもしれません。永く続けてもらいたい企画であります。

ところでこの日は丁度MOJOは一周年です。まだまだ足りないとこだらけですが、これからも見守ってやってください。
みんなありがとう。
[PR]
by mojo-m | 2005-07-11 06:12 | 過去のイベント | Trackback

茄子とオクラの煮びたし

夕方、新所にてビールを飲んでから、仕事を開始。
ダメだ調子悪い、やはり酒は仕事の後に限る。
たまに居酒屋にて、店長らしき人物が夕方からガンガン酒を飲みながら仕事をしてる姿を見る。
すごいね、真似できません(真似したくもないけど)。
お客さんに勧められれば喜んでやっちゃいますが、気が張ってしまって、ほろ酔いを持続できません。こんなところにも気の小ささが・・・そしてやってくるダウナー星人。
それと酔っ払ってる時と気が立ってる時に厚焼き玉子を作ると、うまくいかない時があります。
特に気が立ってるときなどは崩れた玉子を何度捨てたか。
別に酒飲む飲まないはどーでもいいのです。
問題はオレの胃袋&肝っ玉のヘボさ。

ジェフ・ベックは御歳61才
先日もすごいステージをやったそうな。
上の厚焼き玉子の話なんか鼻で笑われますね。
ミックキースロッドや、あの辺の連中が今までに超えてきた苦悩と比べれば、僕が抱える問題なんかは鼻くそ以下ですよお~(ターザン山本っぽく)。


そうだ、今月22日は菊地ノリヨシのライブです。その時は久々に僕がフロントを勤めるバンドボカンもやらせてもらいます。気合入れてやりますよ!
[PR]
by mojo-m | 2005-07-07 03:51 | Trackback(5)

ワカサギの天婦羅

7/3
Y村氏の結婚パーティーでありました。
彼がドラムを叩くすずなりというバンドはザ・バンドはちみつぱいを彷彿させるバンドであります。が、とにかく個性的な音を出してました。好きです。

7/3といえばドアーズジム・モリソンの命日。
JりーさんとK地さんとバイトのヒミちゃんとで追悼式です。片っ端からCDを掛けてこうと思いましたが、出し惜しみしてたファーストは掛けられず。とほほ・・・
考えてみると、ドアーズで人生が変わってしまったんだなぁ。
[PR]
by mojo-m | 2005-07-06 04:41 | 過去のイベント | Trackback(2)

所沢の音楽喫茶「MOJO」店主が綴る寝言の数々


by mojo-m