「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Blue Lights ライブ

ブルース最高!
ブルースやる人には、
  楽器は出来るが曲を覚えるのが苦手
  決め事の中で遊べるのが好き
  譜面が読めなくても出来る
  コード進行が4っつ以上あると頭の中がコンガラカル
  そして、ブルースしか出来ない。
このような傾向を持った人が多いのではなかろうか。
ゆえに「片手間で・・・」もしくは「何となく・・・」といった感じでブルースする人も少なくはないはず。恥ずかしながら僕もその一人です。

関山さんは偉い!
初めて彼と会った時に、正直ちょっと大げさにも取れたブルースに対する熱い話を聞きましたが、
バンドの演奏を聴いてビックリ。
まったく大げさどころかそれ以上に熱いではないですか。
一曲一曲に打ち込む姿に聴いてるこちらもつい眼差しが真剣になってしまいました。
全てブルースで老いも若きも叫び、踊り、拍手喝采。信じられない光景です。
志が高いからこそ、所沢にもかかわらず、オルタネイティブなブルースをエンターテイメントとして完成させることができるのでしょう。
Blue Lights からはこれからもいろんなことを学びそうな予感がしました。


のぞき
久々に時間があったのでスタッフのアナ嬢の頭の中を覗く。
ミクシーとうとうはじめましたが、これってのぞきに近いものがありますね。
ムフフな感じで公然セクハラしてたらAlamaailman Vasaratという落とし穴にはまる。
あぃや~まいったよ~
アサチャン巡礼の曲で「海峡」というのが大好きですが、それを濃縮還元してスピリタスとシェイクした感じ。音楽、おもしろすぎる。
[PR]
by mojo-m | 2005-10-31 03:47 | 過去のイベント | Trackback(2)

冬瓜と豚挽肉の煮物

このところ睡眠不足のためヘロへロでした。
MOJOが忙しかったのもありますが、毎年恒例の花粉のヤロウが飛び交っているのと、昼の12時30分よりテレビ東京にて放送中の「刑事ナッシュ」がなんと幻のファイナルシリーズに突入!

何故、幻かというと日本での本放送の時期(アメリカより1シリーズ送れて放送)に、本国アメリカで人気が低迷したため、テレ東がファイナルシリーズの放送権を買わなかったとか?
確かマイヤミ・バイスの続編をイメージして立ち上がったナッシュですが、タイトでクールな匂いは徐々に薄れ、ストーリーのネタは詰まるし、ドン・ジョンソンはブクブク太るし、娘と部下の恋愛ネタはダレるし、ナッシュの恋人(同僚)はムカつくし、トドメには娘が「パパ、私、警官になる」
え!これで終わり?って感じでした。
しかし何故かこの番組が転落していくさまが放っておけなっくなるのです。
本国でのファイナルシリーズの評判も最悪でしたし、六本木の外人たちにナッシュの話題を振っても誰一人反応しませんでした。
「ゆえに観たい!何とかしてくれテレ東!」と心の中で叫んでました。
12:30は僕にっとって最も眠りの深い時間帯、ビデオに録画すればいいのですが、いまいちその習慣が無くてつい観ちゃう。

10/23 万燈祭り
いやぁ~開放されました。両腕を空に突き上げて「オレは自由だー!」って感じです。
IMC(入間ミュージックサークル)の皆様にはたいへんお世話になりました。
企画力といい行動力といいIMCはとても素晴らしい音楽集団です。
色んな方から「入間はイイよ」って聞かされてましたが、想像以上に感心しました。
しかし、また例の如く酒に呑まれてしまい、何とか店に立つが何も出来ず「役立たず」と罵られるトホホ。

10/27
バイトの山嵜君、最後の出勤でした。短い間だったけどありがとう。
そして11/2は山嵜君とマイちゃんの送別会を盛大にやりますよ!
久々のホッピー解禁です。
二人の門出を祝いたい人、とりあえずホッピー飲みたい人、MOJOに集合です。

10/28 新宿
ロックの殿堂「ローリングストーン」が新宿5丁目にリニューアルオープン。
待ってました、そして信じてました。


その時MOJOは
ケンタローさんの久々のライブでした。今回のジャムセッションは、なんとI江様がドラムを叩き出すというレアな瞬間に遭遇かと思いきや、そこにミキティーが乱入、演奏中のI江様からスティックを強引に奪い取るという信じられない暴挙に。
本人曰く「だって気持ちよかったんだもん」って、地獄のマイウェイ一直線なコメント。
まあしかし終わってみれば久々の井上君のギターもよかったし、セッションのクオリティーもかなりよくなった気がします。
そして来月11/13はケンタローさんのバンド、プロミスワンダーがOVOS企画に登場、因みにその日は菊地のりよしボカンも対バンさせてもらいます。
[PR]
by mojo-m | 2005-10-30 04:27 | 過去のイベント | Trackback(4)

2005年11月の予定

 2日  山嵜&マイ送別会  18:00~23:30貸切
ホッピー飲み放題2000円~

 5日  ベアーロック(カントリー&ウエスタン) 投げ銭
      Open18:30 Start19:30

 6日  あなん和也 「屋根の下のストリート・ライブ」 投げ銭
       Start20:00 
12日  安武優治ライブ (Y’s music) 3000円+オーダー
       Open18:00 Start19:00

13日  oVos企画 投げ銭 Open19:30 Start20:00
      出演 oVos、菊地のりよし、ボカン、プロミスワンダー

14日  チッコ相馬となんもだブラザース  投げ銭
       Start20:00

16日  ヤマザキヤマト 投げ銭
       出演 稲葉浩(from佐賀唐津) モッコリー(アフリカン・ダンス)

18日  サバイバル伊藤とゆかいな仲間たち 投げ銭

19日  岸田ジャズ 投げ銭

20日  菊谷カルテット(ジャズ) 投げ銭
       Open18:00 Start19:00

26、27日  臨時休業 

28日  ヒヨッコDJイベント 23:00~オールナイト

詳細は随時更新します
    
[PR]
by mojo-m | 2005-10-30 03:30 | 過去のスケジュール | Trackback(1)
久々のワンダーブランクのライブです。
8月に防音工事を行いいよいよ本格的なラウド系スタート。
なかなかの効果が出たのではないでしょうか。

ワンダーブランクは今回で3回目ですが、かなり演奏が上達してまとまった感じがでてました。
5人で音を合わせるなんて正直僕には不可能、感心します。


あ~いよいよ明日は万燈祭りでのボカンのライブ、興奮してきたなぁ。
今日の最終リハでは、かなりガレージ色が強くなってしまった、公共のイベントでこれをやってしまっていいのだろうか、
まぁロックにピンもキリもありませんからね。胸張ってマスターベーションするだけです。
[PR]
by mojo-m | 2005-10-22 22:37 | 過去のイベント | Trackback

鶏軟骨揚げ

いつもの通勤ラジオ、インターFMの「デイブ・ロックオン」に映画沈黙シリーズなどで本気の合気道を披露するスティーブン・セガールがゲスト出演。
映画の宣伝かと思いきや、何とミュージシャンとしてのプロモーション。
デトロイトで育った彼はブルース大好きで小さい頃からギターを弾いてたらしい。
アルバート・コリンズボデドリージミー・クリフと競演したことがあるらしい。
そして、所有するギターは1000本近くあるらしい。
なかでもストラトが好きで1000本のうちのほとんどが1950年代のストラトだとか(らしい・・・)

世界中に50Sのストラトがいたい何本あるのか想像できないが、何パーセントかは彼が所有していることになるのか?
格闘技者の話は大きくなりがちなので「らしい」が必要です。

ただ、195cmの身長を誇る彼の生演奏はつっかえながらも武骨なブルースで好感がもてました。


最近スタッフのアナ嬢がミクシーで色々やっちゃってます。
近々店主も参加予定です。
[PR]
by mojo-m | 2005-10-20 18:44 | Trackback(2)

カマンベール揚げ

今月の23日に入間で万燈祭りというのが開催されます。
その中で彩の森公園という所で、トラックの荷台をステージにしたライブイベントが行われますが、私のバンドボカンが出演することになりました。
久々のアウェイということでメンバー共々張り切っております。
そして、同じ日にはMOJOの常連の中野氏と入江氏がやってるバンドKA-YOもデビュー!なんとここのボーカルはひょっとこバンドのヤスベー(中村氏)さん、そしてもう一人ギターに闘魂のトモやん、ドラムは元泥酔Sのカヨさんというオールスターバンドです。

出演時間その他はこちら
[PR]
by mojo-m | 2005-10-15 23:40 | Trackback(1)

豆腐の揚げ団子

このところストーンズの新譜がヘビーローテーション。
ライナーを読むとロンウッドのアル中リハビリやチャーリーワッツの喉頭癌の話が書いてあり、その中でのレコーディングということで、彼らの凄まじい精神力を感じます。
これは来年こそライブを観なければと思いましたが、
かつて、ディックマードックやジャイアント馬場など念願かなって観戦すると、まもなく他界するという変てこなジンクスを抱えてしまい、躊躇しております。
[PR]
by mojo-m | 2005-10-14 14:23 | Trackback(1)

 GREEN HARMONY Vol.10  

主催者のK山さんは、何だか趣味が合います。
最初はプログレの話から始まり、中山ラビ、浅川マキ、しまいには阿部カオルと何でそこまでというぐらいツボにはまります。
MOJOをはじめてよく思うのですが、オルタネイティティブな音楽を好む人が多いこと多いこと。
そういうことからも、まさかこんなに所沢で友達が増えるとは思いませんでした。
K山さんもそのうちの一人で、店の店主と客の立場ではありますが「友達みつけた!」といった感じです。
 
今回のGREEN HARMONY Vol.10 は、MOJOでもお馴染みのBluesoulが登場! 
前回までは愛らしい癒し系のイベントが多かったのですが、Lemon Leafといい何だかストロングスタイルの匂いがプンプンします。その極め付けが吉岡かずなり、
風貌がイギー・ポップで曲の世界はバリバリのニールヤンガー。
K山さんはオレのために彼を呼んだのか~!
痺れたぜ。

イベント終了後、ヒロさん登場!浅川マキのスポットライトからリトルウイングへ、ブルソのワザキ君を雑ぜてまるで食後のデザート状態。最高。
[PR]
by mojo-m | 2005-10-10 19:18 | 過去のイベント | Trackback

水炊き

久しぶりにキックミットを蹴りました。

こないだ告知した10/2のプロレス興行の準備として、前日にリハーサルというより1年間眠っていた身体のウォーミングアップの為道場に行ってきました。
いやいや、全くグズグズでした。が、徐々にプロレスムーブを取り戻す。
以前ぶっつけ本番で試合に挑み、ウラカンラナを出したところ、高さが足りず落下という大失態。
ついでに自信も喪失。
ついには昨年など半端に動くならいっさいやめようと、カエルのコスプレで試合放棄。ショッパイ負け犬になってしまいました。

多少なりとも身体を動かしとくと違いますね、まぁ多少といいながらも身体は悲鳴を上げてましたけど、モチベーションを上げてくれた松井先生には感謝です。

身体と言うのは不思議です。
このところMOJOのカウンターの中をウロウロするだけの生活でしたが、格闘技を通して普段使わない筋肉を使うとなぜか頭の中もすっきり。
想像力が身体のバランスと繋がりがあることを実感(というより打撲や筋肉痛、脳震とうにより痛感!トホホ)。

その松井先生が面白いことを言ってましたが、人間だけが他の動物と異なり意識的にストレッチをするそうです。なぜなら人間だけが言葉を用いてコミュニケーションをはかり思考するため、その言葉や思考が脳から送る様々な信号にリミットをかけてしまい身体能力を制限してしまうから。
その為に頭の固い人ほど身体が硬いのだとか。
逆に痛みを感じるというのは、痛みの出所からくる信号に対して脳が「痛い」と判断しているだけなので、つまりその信号(情報)を脳で痛みと判断しなければ痛みを感じなくなるとも。
催眠麻酔などがその類のようです。
これ、以前お世話になっていた空手の師範も同じようなことを言われてましたが、あらためて実感

実は松井先生こそ空手、ボクシング、プロレス、ボディービルと様々なフィジカル系に興味を持ちつつ「何者でもないもの」を目指す一人、まだまだ自分も学ぶべきことは沢山あります。
そして学ぶことの幸せを感じることができることに、幸せを感じてしまってまたまたラッキーであります。
[PR]
by mojo-m | 2005-10-05 02:27 | Trackback

鴨の燻製

先日、M城様から頂いたティナリユウェンにちょっと填る。
サハラ砂漠のブルースバンドという知識しかありませんが、自慢のギター(ストラトもどき)を抱えるリーダーらしき男のそれはロックスピリッツを感じます。
かつて童謡しか知らなかった井上揚水が斬新な歌を表現したように、たぶんこの男「なんだかわからないけどギターを弾いてみたらブルースになっちゃった」的なものがありますね。
話はそれますが、じょんがらの吉田兄弟、以前知人宅でCDを聴かせてもらい、なんとなくギターであわせてみると何と殆どがDのワンコードで、あれあれこれはブルースかい?って感じ。
ティナリユウェンにしろ吉田兄弟しかり民族古典系の音楽はシンプルな構成が多いですからブルースのスケールでいけてしまうのでしょう。こんなこと書いたら、ちゃんと音楽の勉強してる人たちは怒るかな。
[PR]
by mojo-m | 2005-10-01 04:07 | Trackback(1)

所沢の音楽喫茶「MOJO」店主が綴る寝言の数々


by mojo-m