「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

フリージャズやアバンギャルド系の音楽は好き嫌いが分かれる。
作り手は聞き手に迎合せず、どこまでも裏切ろうとするから
しかし着地点とかゴールが明確になっていて、そこまで緊張と弛緩を繰り返しながら想像力とテクニックで聞き手を導く
それは完成された迷路のような物だと思う。
ゆえに、迷路を楽しめない人は退屈を感じる、それが難解であればあるほど、
ただのテクニックのひけらかしや出鱈目ではスタートからゴールまでが一本の線で繋がらない。
だから経験と知識を持った者がリハーサルを繰り返しながら曲を組み立て、呼吸を合わせていかなければ、作品として完成しない。


前にも書いたかもしれないが
北澤組を初めて観たのは15年くらい前だろうか、
町田町蔵のバックバンドとして活動してました。
当時はせいぜい友達のバンドを観にアンチノックや20000ボルトなんかに観に行くくらいで、ちゃんとしたライブをあまり観たことがなかったのでその完成度の高さと、会場に来ている、宝島に出てくる様な東京のカッコイイお兄さんやお姉さん達に、かなり衝撃的を受けました。


今回の北澤組は当時のユニットとメンバーは違なっていて、スリーピースのプログレッシブ・ロックにも近いフリー・ジャズ、
やってることはだいぶ違いますが、僕の中での初期衝動を再確認しました。
そして嬉しかったのが、その興奮を何人ものひとと分かち合えたこと。
常連のMG先生曰く
「こんな凄いライブはピットインでも観れない」
「ギターの大和田さんは鬼怒無月を超えてるかもしれない」

憧れの北澤さんと同じステージでハープも吹けたし、何しろ感動した。
[PR]
by mojo-m | 2006-05-28 13:23 | 過去のイベント | Trackback

五目春雨

はて?
気付いた時には新所沢のパルコの楽器屋でテルミンを試奏してました

昨日はテッペイ君のところで親睦会、その後、朝、香港屋台麺、そしてデニーズへ
「今日はフィリピンのオカマちゃんたちはいないのか」と店員に聞いたがもう帰ったということで、
たまに見かけるギターを持った客に話しかけ、ちょっと弾いてみる、チューニングがバラバラで、何だこりゃと言うと、彼は、実はギターが弾けないと告白
たぶん朝の8時くらい
そこで記憶がプツン・・・

翌日12時頃とゆうかさっき、妻からの電話で起きたようだが、

はて?
気付いた時には新所沢のパルコの楽器屋でテルミンを試奏してました

そしてしばらく遊んだ後修理に出してたベースのアンプを引き取り
か○りちゃんやら、あ○こさんやらを冷やかしにいこうとMOJOに入れば
そこに待っていたのは妻の冷たい視線
そうか、今日は妻が出勤してたのかと色々思考しだしたらちょっと現実に戻る

で、無駄遣いをするなと釘を刺されたが、こんな機会もないと思い、ダイエーの横にある上品なラーメン屋へ
バリバリの鰹だしにツルっとシコシコの楕円の麺、待てよこれってラーメンじゃなくて稲庭うどんではないだろうかと思ったが、酔った勢いでとても美味しく完食してました。

はぁ、もう寝よう、こんな日記付けてる場合じゃない。
[PR]
by mojo-m | 2006-05-23 14:12 | Trackback(8)

モツの煮込み

今さら、アレン・ギンズバーグにグッときてしまった。
まるでスゴロクやってて振り出しに戻った感じ

17歳の時、タロちゃんにウイリアム・バロウズの裸のランチをもらって読みましたが「何だか解からないがカッコイイ」とファッションとして完結してました。
が、30になって読み返すと、全く解釈が違う。
バロウズは、埼玉の片田舎の高校生には難解だったのです。

坂口安吾は解かりやすい、調味料がヒロポンとアルコールだけですから、


僕はインポでもないしケンカも弱い方ではない
だけど、正直、衰えは感じます。

衰えて感じるロックンロールもあるんだと眼鏡でホモのギンズバーグから感じました

これは懐古主義とは違うね、
そう、スゴロクやってて振り出しに戻った感じ。
ちょっと酔っぱらちゃたかな、
さぁ一眠りしてまた仕事です。
[PR]
by mojo-m | 2006-05-22 06:27 | Trackback(3)

ホッピー祭り

無事?終了
いやはや体力と精神力に限界を感じました。

今回はホッピー2ケース(60本)、焼酎12ℓくらいを消費
完売でございます
みなさんお疲れ様でした。

只今、今日DJで大活躍した96さんが置いてったCDよりドラマ特捜最前線のエンディング「私だけの十字架」を聴いて今日の自分にトドメを刺しました。
おやすみなさい。
[PR]
by mojo-m | 2006-05-21 04:12 | 過去のイベント | Trackback(1)
 2日(金) 倍音s 投げ銭 open 18:00 start 20:00
       ホーミーとか口琴とか、なかなかお目にかかれない、何しろ凄い!

10日(土) サバイバル伊藤 投げ銭 (ブルース、ロックのオリジナル)
        open 19:00 start 19:30
         中島やす子ショー
        稲用枝里子グループ
        ファイヤー大道ブルースバンド
        ナンシー&一座
        coma&ブルドッグス


12日(月) チッコ相馬セッション 投げ銭
       楠本 暁子(vo), 諸岡 大也(key): 他 豪華ゲスト

17日(土) 「御玉霊心会 VS ROCK&神経痛」
        歌謡曲をロックにカバー  open 19:30 
        一部(ボリューム控えめ『静バージョン』)
          8:30~8:50 御玉霊心会
          9:00~9:20 ROCK&神経痛
          休憩
        二部(普通のボリューム『騒バージョン」)
          10:00~10:30 御玉霊心会
          10:40~11:10 ROCK&神経痛

18日(日) 菊谷クインテット 投げ銭 open 18:00 start 19:00
       ピアニストの菊谷卓也が奏でるスタンダード・ジャズ

23日(金) BIG BABY PARTY vol.7 open 19:00 start 20:00~
        all night  1200円(1ドリンク+えびせん食べ放題)

24日(土) Cross Road vol.4  ※Bluesoul レコ発ライブ
       ひろえのりお BELCH FROG ORIENT DAW Bluesoul
   open 18:00 start 19:00 1500円(1ドリンク+えびせん食べ放題)

25日(日) BLUES JAM SESSION vol.3
     open18:00 start19:30 チャージ1000円+オーダー
     ※誰でも参加できる飛び入りセッションです
[PR]
by mojo-m | 2006-05-12 18:01 | 過去のスケジュール | Trackback(2)

めざニュー観てたら

フジロック3日目のヘッドライナー

ストロークス

完璧
今年は俺の年!
[PR]
by mojo-m | 2006-05-11 05:02 | Trackback

ROOTS MUSIC CARAVAN

ただ曲を掛け流すだけなのにDJって難しいですね。
プレーヤーの前に立つまでは色々イメージを膨らましているのだけども、
いざお客さんの視線を感じると、つい選曲がいやらしくなってしまう。
今回は、邦楽系でジラしプレーに徹しようと思い、倍音sのホーミーから入りグズグズにカオスしようと思いましたが、お客様の「踊りたいの、暴れたいの」ビームに負けてしまい、つい乱暴な選曲に・・・・
あとこれバンドと一緒で音がデカけりゃいいってもんでもないんですね
マッキー君に音絞るように指示したくせに、カミサンに言わせれば「あんたが一番うるさい、いいかげんにしろ!」でした。
やってる本人には分かんないんだね。(おまけにこういうの2回目だし、実はひよっこ)
以前、音響の仕事をしてたF田君が、DJのイベントにもDJ以外にトータル的なPAミキサーが必要、と言ってましたが、納得です。
そして俄然DJに興味が湧きました。ちょっと勉強しよう。


町田町蔵と北澤組
を知っている人は幸いラッキーですが
そのリーダーだった北澤孝一さん(ドラム)が今月の27日にMOJOで投げ銭ライブをします。
以前、N-Unitで来た時はバラフォンやタブラでの演奏でしたが、本業のドラムで登場です。
[PR]
by mojo-m | 2006-05-07 21:24 | 過去のイベント | Trackback(9)

今月、来月のお薦め

5月15日(月)ヤマザキヤマト投げ銭ライブ
       共演:BIGMAMA(from福岡)、じぶこん他
       open 18:00 start 20:00

様々な民族楽器をあやつりロックするヤマザキヤマトの恒例のイベントですが、
今回の対バンは超豪華!
鍵盤ハーモニカ、ディジュリドゥ、ビオラ、ジャンベ、ホーミー、ビリンバウ、パンデイロ、ハングなど、この辺に引っかかっちゃった人は必見です

じぶこんhttp://www.jibucon.net/


そして来月の速報です
なんと!6月2日(金)に倍音sがMOJOに投げ銭で登場です。

倍音shttp://vions.kayac.com/
↑とりあえず覗くべし、音源も聴けるはず。
[PR]
by mojo-m | 2006-05-05 23:26 | Trackback

海老マヨ

本日のMOJOはお休みです。
で、今、僕は何してるかというと店の壁を塗り終え、一息ついてるところです。

3時ごろBGMにダフト・パンクをかけ、軽快にスタート
その後は阿部薫を爆音でかけ、黙々とコテで塗料を壁にのせてく。

思い返せばMOJOは今度の7月でオープンから丸二年が経ちます
そして工事を着工したのが、丁度2年前のゴールデン・ウィーク

覚悟を決めて人生を完結できるようにと、そんなくだらない理由で脱サラ、一族のシガラミを捨て、両親を落胆させ、嫁を泣かし、友人に迷惑をかけて・・・・
こんなんなってるわけです。


極たまに
自分と向かい合う時、阿部薫を聴きまくります。
リズムやメロディーを徹底的に破壊し裏切る彼の一音一音には躊躇が微塵もない。
その音には凄まじい覚悟を感じます。

散々つっぱって、たかだか飲み屋のオヤジなっている僕ですが、
はたして「覚悟」を見つけることが出来るのか?
とりあえず今夜、かわい娘ちゃんたちと飲んだくれたあと、またいつか考えます。

みなさん、よい休日を。
[PR]
by mojo-m | 2006-05-04 07:52 | Trackback(3)
ちょっと報告しときましょう。

まず、今回は、参加者が30人・・・凄い!
そしてお客さんのノリがまた凄い。

最近、何となく解かってきたのですが「良いセッション」
この場合、お客さんを楽しませるセッションとでも書きましょうか
特別難しいことをしたり、派手な音でかき回したりするより
アンサンブルがまとまった時に、お客さんの反応が盛り上がってるような気がしました。
音の出し引きのバランスです。
そして、流石はオバー50
リアルタイムでブルースやブルー・アイド・ソウルを経験してきただけに出し引きが上手い。
特にギタリストの人たち
バッキングにまわった時が絶妙です。
小さな音でくすぐるようにリードパートの人を持ち上げます。
ですから必然的にベースになる音作りに乱暴な歪みを使いません。

話はちょっと外れますが、セッションで「上手いなぁ」と思うひとは、
月一でやってる菊谷さんのジャズのセッションに常連参加してる天野さん
どんなところが凄いかと言うと、僕のような素人は、いかに12小節をフレーズで埋めてやろうかと躍起になりますが
彼の場合、ソロがまわってきている時にも周りの音をよく聞いているせいか面白い所でブレイクして、バッキングの音を引き出したりします。
他人の音までも自分のフレーズの一つにしてしまう
始めに気付いた時は予知能力でもあるのかと思いました。

今回、テクニカル(正確さ、スピード、リフのアイデア)なレベルでは強者ぞろいのギタリストで、ちょっと面白かったのが、闘魂エクスプレスのトモノ(兄)さん
天野さんと同じように、アンサンブルを組み立てようとしてる。
技はシンプルだけど、合いの手の入れ方がとってもユニーク。


と、まぁ色々書いてはしまいましたが、MOJOセッションでは「ブルースはこうでなきゃ」ってのはあまり拘りたくないのが本音です。
ロバート・ジョンソンから入った人もいればツェペリンから入った人もいるわけだし、因みに僕なんかジョンスペンサーだし・・・
ケンタローさんとも意気投合しましたが「スリーコードで遊ぼう」というのが基本でいいんじゃないかと思います。
知識や技が無くてもドンチャン酒飲んで騒げる
そんなお祭り的なイベントとして定着していけたらとおもいます。
[PR]
by mojo-m | 2006-05-03 05:24 | 過去のイベント | Trackback(1)

所沢の音楽喫茶「MOJO」店主が綴る寝言の数々


by mojo-m