「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

06年7月のスケジュール

 8日  小野アキラ ブルース・バンド (ブルース) 投げ銭

 9日  Pour Vous (ロック ドアーズやクリームのカバー)
      open 18:00 start 18:30
      岩田vo,org おきゃーvo,g つねb かずきdr

15日  ROOTS MUSIC CARAVAN vol3  open18:00~オールナイト
      DJ多数

16日  菊谷卓也クインテット (ジャズ) 
      open 18:00 start 19:00 投げ銭
      佐藤太tp 坂井真実子as 菊谷卓也p 栗田俊宏b 林伸一郎ds

17日  うすときね ベン・ケンプ open 18:00 start 19:30 投げ銭
 須藤かよ(ピアノ、アコーディオン、唄) 夏秋文彦(鍵盤ハーモニカ、口琴)
 ベン・ケンプ  =海と緑の国ニュージーランドの自然派詩人=
祖母はニュージーランドを代表するオペラ歌手キリ・テ・カナワのピアノ教師、また『クジラ島の少女』の原作者、ウィティ・イヒマエラも親戚という芸術的 な環境に育ったベン・ケンプ。
ニュージーランドの原住民マオリ系の母親を持つ彼の音楽にはマオリ文化の影響が色濃く出ている。詩人として数々の賞を受賞 してきた彼は、プロのクリケット選手等、さまざまな職業に就いた後、20代の終わりになってから音楽活動を開始する。ギターを独学で弾き始め、独自のオ ープンチューニングを使って曲を作り始めた。
現在ニュージーランドと日本の両方を拠点に活動中。今年9月には東北・関東地方を中心とした日本ツアーの予定あり。

27日  さばいばる伊藤 スマイリー・ボーンズ (ブルース、ロック)投げ銭

28日、29日、30日、31日は休みです。

※10日のチッコ相馬はなくなりました。
[PR]
by mojo-m | 2006-06-29 00:47 | 過去のスケジュール | Trackback(2)

ヘロヘロ~

怒涛の3日間が終了、

さすがに体力の限界、しかし最高に熱い3日間でありました。

とりあえず、のどがガラガラです、
栄養を摂らねば。

詳細はまたいつか書きましょう。


個人的には、バックドロップスの連中が相変わらずバカやろうだったので
嬉しくて涙が出そうになりました。
[PR]
by mojo-m | 2006-06-26 03:08 | 過去のイベント | Trackback(5)

海鮮和え物

夏が迫ってきましたが、前回のブログに引き続き、埼玉西部地区が熱いね

7月には吾妻光良とスインギングバッパーズが航空公園に登場
そしてソラノネガイも復活
そして9月は稲荷山公園でハイドパーク・ミュージックフェスティバル、今回の目玉は何とエンケン


で、MOJOはというと
今週末は怒涛のビックイベント3連発

23日のビックベイビーはBluesoulとヒー君の初セッション、兄ちゃんバンドも初登場、そしてバックドロップスがゲスト出演
っていっても誰だかわかんないよね、
「地獄の鬼のよだれのごとくおどろおどろしく、宇宙を創造したビックバンのごとく激しく、噴火するマグマのごとく熱く情熱的にロックで気がフレた男達」とデキシード・ザ・エモンズアベ・ジュリーが彼らのことを称えてます。
もちろんボカンもやりますよ、バックドロップスには昔から一方的にライバル心を燃やしてますからね、

24日はBluesoulのレコ発ライブ おめでとう!!
今回、pervのイベントにも参加が決定し、のりに乗ってるBluesoulです

25日はお待ちかねBlues Jam Session
前回は予想以上に盛り上がり(盛り上がり過ぎか?)様々な波紋を呼んだ、まさにBluesな企画、いよいよ今回で三回目、
はたしてケンタローさんは真っ白な灰になってしまうのだろうか!
参加者大募集です。
[PR]
by mojo-m | 2006-06-22 01:27 | Trackback(3)

鶏肉のトマト煮

久々の更新です。

最近、面白い人たちがMOJOに来店、何かと出逢いの多い6月です。


6/2
倍音Sのライブ
尾引さんは馬頭琴のような楽器をたんたんと弾きながら、一息一息に魂を込めながら発射されるホーミーの倍音には人力な残響系、除夜の鐘にも似た反復にアンビエントを感じます。
で、NHKの音楽番組「あいのて」にレギュラー出演してる尾引さんに合いの手を入れた鍵盤ハーモニカの夏秋さんは循環呼吸で飛ばします。

その後、夏秋さんが連れてきた須藤カヨさんがまたユニーク
彼女はロムチアキさんというテルミン奏者とユニットも組んでて、スターパインズで鬼怒無月や柳原陽一郎と対バンします。


ローカル・ヒーロー
フジロックのエントリーを見てて思いましたが、
サケロックやハナレグミは自由の森学園の出身、憂歌団の木村のサポートに入る梅津さんは所沢住人、鼓童にも自由の森学園の出身の人がいるらしい。
去年はパンタさんも頭脳警察でシークレットライブやってました。
で、北海道で行われるライジングサンにはスライマングースが出演決定、
そこのドラムの竹村さんと、ギターの塚本さんは何とMOJOの近所に住まれてます。
その武村さんが久々の来店、
一線に立つ現役のミュージシャンには共通したものを感じることがありますが、苦労話をあまりしないのと、えばる態度が全く無い、
こういう人たちは現在進行的に充ちた日々を送っているせいか、懐古する時間が少ないのでしょうか、
そういったところは、見習いたいなとつくづく思います。

羨ましい
その竹村さんとの会話の中でアラントゥーサンと塚本さんが中島美嘉のバックで競演する話を聞きました。
それ、凄いことですが、
その日は、ほしのあきの後ろでスライマングースが演奏したそうで、そっちの方に痺れてしまいました。ゴメン
そしたら、その後来店した所沢の熱い美容室1016のN先生ときたら、これから熊田曜子のヘアメイクに行くそうで、またまた羨ましいじゃないですか~
[PR]
by mojo-m | 2006-06-09 18:34 | 過去のイベント | Trackback(4)

所沢の音楽喫茶「MOJO」店主が綴る寝言の数々


by mojo-m