<   2006年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

さてと・・・

そろそろ苗場の方に研修旅行に行ってきます。

その間のMOJOですが、明日28日~31日までお休みになります。
明けて8月1日は通常どうりランチから営業してます。
[PR]
by mojo-m | 2006-07-28 01:55 | Trackback(1)

2006年8月のスケジュール

 1日(火) サヨコオトナラLIVE 共演ヤマザキヤマト&friends
    ※ゲストに倍音Sの尾引さんも登場!
    open 18:00 start 20:00
    ■料金 :前売り¥2500 当日 ¥3000(共にドリンク別、要オーダー)
    サヨコオトナラhttp://www.alte.com/sayoko/news.html
    ヤマザキヤマトhttp://www.gakuya.net/contents/yamato.html

 6日(日) GS&オールディーズDay
    open 18:00 start 18:30 ノーチャージ、要オーダー
    出演 カサンドラ、 ザ・セント・オージーンズ、 三軒茶屋ブルーシャトウ 

 7日~11日  店内改装のためお休みです

12日(土) 貸切 Tempo祝2周年記念パーティー

18日(金) DJイベント 
    open 18:00 start 21:00 all night   

19日(土) 貸切22:00~

20日(日) 大三九&Daddy津田 (アコースティック) 
    open 18:00 start 19:00 投げ銭

26日(土) 菊谷クインテット 
    open 18:00 start 19:00 投げ銭
    ピアニストの菊谷卓也が奏でるスタンダード・ジャズ

27日(日) BLUES JAM SESSION vol.4
    open18:00 start19:30 チャージ1000円+オーダー
     ※誰でも参加できる飛び入りセッションです

29日(火) 貸切18:00~21:00
[PR]
by mojo-m | 2006-07-26 20:24 | 過去のスケジュール | Trackback(3)

お知らせ

明日、24日は、18時~21時まで貸切となります。

その後は2時まで通常営業です。
[PR]
by mojo-m | 2006-07-24 03:49 | Trackback
12日の昼過ぎ
何人かの友人から立て続けにメールが入る

「シド・バレットが亡くなった」

このところ心身ともに疲れてたので、追い討ちをかけられる
正直なところ彼の作品は勿論好きですが、彼に影響を受けた人達の作品に自分は馴染みがあります。
それゆえに、自分の大好きなアーティスト達のの産みの親の様な存在

今日はピンクフロイドを何枚か聴いた後、トドメに「オペル」を鑑賞しました。

こうゆうことがあると、古株が来日するたび一目見なくちゃと思ってしまう。

ピーターグリーンを観た時思いました、
演奏なんかグズグズでもいいんです、
みんな長生きしてください。
[PR]
by mojo-m | 2006-07-13 02:39 | Trackback(1)

緊急告知

8月1日に行われるヤマザキヤマトのMOJOでのライブですが、
サヨコオトナラとの対バンが決定しました。
http://www.alte.com/sayoko/news.html#otonara

詳細は後日この場で発表します。



それと、もう一つ

『ROOTS MUSIC CARAVAN 3 is Magic Number』
7/15(SAT) OPEN 20:00 START 20:30~ALL NIGHT!!!!!!!!!
1drink \1000

DJ's:
吉田竜也
MWTKR
ところ
Public Damage Ltd
マッキー (GREEN HEAVEN)
チョップ魔神 (MOJO)
鉄魂 (DOODLIN' BARBER SHOP,ROOTS MUSIC NITE)
daw (ROOTS MUSIC NITE)

LIVE: ボカン

バグパイプLIVE: FAT.コーヘイ (ピンポンダッシュ!!,The功夫)

PUNKバグパイプ奏者、FAT.コーヘイ君を迎えての3回目。
ビリリと空気を震わせるバグパイプの強烈な音波、
ぜひ味わいに来てください。

そして恒例のボカンLIVE。
この夜もFEED BACKでMOJOを揺らすことでしょう。


お時間のある方お誘い合わせの上ぜひ遊びにいらして。
お待ちしております。


あ、そんで2時半頃ひと通り終わる予定なのでその後は、
ユルい曲かけてみんなで床に座って呑みましょ。
[PR]
by mojo-m | 2006-07-11 03:30 | Trackback

肉団子

今、北朝鮮からアラスカ方面にかけてミサイルが発射されてます。

今朝は親父を板橋の病院まで送るため、5時にMOJOから帰宅し、サッカーなどを観ながら食事し時間をつぶし、7時ころ両親を車に乗せ国道254号線を走ってきました。
帰りに朝霞自衛隊の手前あたり、東京から埼玉に戻るので成増くらいかな、自衛隊のトラックが四台連なって走ってました。
「これは、いよいよ有事か!緊張してきたぞ」と思いきや、
トラックの荷台に乗ってる隊員がなにやら夢中になってぶ厚い本を読んでます。

あ、少年マガジン・・・

そうか今日は水曜日だったな、
はじめの一歩はいま試合中だったけな、
あひるの空は今週は休載だっけかな、

あれ、今ミサイル飛んでるんだよな、
米軍はちゃんと迎撃できたのかな、

少年マガジン・・・

おいおまえ、それは余裕なのか!

たのむぜ、おれには余裕がねえんだよ。
[PR]
by mojo-m | 2006-07-05 09:36 | Trackback

豚包み揚げ

邦楽と洋楽の違いって何だろう?

英語で歌えば洋楽なのか?
外人が作るから洋楽なのか?

海外での方が圧倒的に支持率の高いバッファロー・ドーターは邦楽?
逆輸入的に海外のレーベルでデビューする日本人も最近は少なくないですが、それって邦楽?

普段は圧倒的に洋楽を聴くことが多い僕ですが、バンドでライブなどをする時はオリジナルの曲も含め日本語で歌うことが多いです。

自分で曲を作る時には、自然と日本語を頭の中で浮かべて組み立てます。
一番の理由としては、付け焼刃の英語よりも生まれながら慣れ親しんだ日本語の方がボキャブラリーが多いのと、自分がオーディエンスの立場に立った時、歌詞カードや訳詞を見ることなく、歌を直接聴きながらその作品の内容を理解できるから。
武器として使うなら絶対的に僕の場合日本語。

かつては日本語ロックなどというカテゴリーもありましたが、
こんなものは実に曖昧なもんで、本来、「ロック」自体、技巧的にしろ使われる道具にしろ何がロックかというと、そんな縛りは何も無く
エレキ・ギターを使わなくてもロックと呼ばれるバンドは沢山ありますよね。
だから僕の中ではスピリチュアルなところでロックか否かを決めます。
凄く個人的です。
で、日本語で初めてロックしたとされるハッピーエンドですが、伊藤ゆかりやトニー谷などにもロックを感じる僕としては、「初めて」なんてどうでもよかったりします。
余談ですが、クイーンが歌ってた変な日本語の歌ありますが、あれも日本語ロック?
で、ここまでは前置き。

先日、25日に行われたケンタロー・ブルース・ジャム・セッション
ブルースといえば本場はアメリカで、その他の英語圏でも特にイギリスなどでは本場をしのぐ人気があったりします。
もともと「ブルース=黒人音楽」といった見方をするのが定番ですが、ブルーアイドソウルなどのように白人のブルースも昔から当然にあります。
そして、日本でも同じように根強い人気があり、青江美奈の伊勢崎町ブルースとかそうゆうのではなく、ウエスト・ロードや憂歌団や吾妻光良は今でも若者に人気があります。

今回のセッションで印象深かったのが、ひょっとこマスターが歌ったオリジナル
タイトルは「所沢ブルース」だったかな?
今回で3回目になるセッションですがそれまでほとんどトラディショナルだったので、とてもマスターの歌が新鮮でした。
自分は横でギターを弾きましたが、オリジナルの日本語の詞が直接頭に入ってくるので、気持ちを込めた詞のフレーズに、合いの手を入れるギターのフレーズも自然と反応してしまいます。
そして詞のフィーリングからマスターの人柄も感じられ、セッション中にグッと来てしまいました。
やっぱり、日本語が好きです。

「日本語が好き」とか言っておきながら
7/8は小野アキラBB(ブルース・バンド)がMOJOでライブをします。
こちらはバリバリ本気ブルース!
それに、今回の目玉はブルース・ハープの吉田ユーシンがやってきます。
簡単に説明すれば世界チャンピオン
とりあえずみなさん吉田ユーシンで検索してみてください。
[PR]
by mojo-m | 2006-07-01 03:01 | 過去のイベント | Trackback(10)

所沢の音楽喫茶「MOJO」店主が綴る寝言の数々


by mojo-m