「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

一緒に来るのです。
僕の場合

もう少ししたら出発です。
そう苗場へ

今年のお目当てはモリアーティ
先日モジョに来た豊田勇造さんも大好きな苗場食堂でやるし。
昨年来たアンジェロも念願のフィッシュボーンで登場!
沼澤さんは3日間出ずっぱり。
マグマにジョンフォガティ・・・

申し訳ないけどモジョは明日から4日間お休み
営業再開は3日からです。

みなさん、しばしサラバ



ツイッター本格的に始めつつ・・・ある、まさに直前、
ユキコ嬢ありがとう。
所沢に帰ってきたらガッツリ向かい合いますぜ。


そしていよいよ
「MOJO GROOVE 2010」
HPやらチケット販売やらはじまるよ。
http://mojo-groove.com/
明日、明後日には仮HPが本HPに変わるよ~
[PR]
by mojo-m | 2010-07-30 01:16 | Trackback

2010年8月のスケジュール

 8日(日)   ケンタローBLUES JAM SESSION vol.34
       open19:00 start 19:30
       ¥1,000+オーダー
       ※誰でも参加できる飛び入りセッションです 。





13日(金)   次郎企画
       open/start 20:00~all night
       ¥2500(予約、当日ともに同額)

       LIVE
       Dachambo
       INDUS&Rocks
       善哉和也と大きな鯨

       PAINT
       Qne Mind Creation

       DJ
       yoai
       gommissey
       DETOKOROID.01
       stone63

 ※混雑が予想され入場が規制される可能性がありますので、なるべく予約してください。
 ご予約はメールまたは電話にてモジョまでお願いします。





14日(土)   三宅伸治
       OPEN18:30 START19:30
       前売¥3,500 当日¥4,000 (ドリンク別)

       オープニングアクト
       Sammy&The Waist Pouchs

三宅伸治
1985年MOJO CLUB結成。1987年『BACKしよう』でデビュー。
1989年東芝EMIよりメジャーデビューし、同年覆面バンド タイマーズとして活動。
MOJO CLUB解散後、ソロ活動を開始すると共に、忌野清志郎、仲井戸麗市、木村充揮、ザ・ハイロウズ、斉藤和義、ウルフルズ、石田長生・・・等、 様々なアーティストとの交流を深めながらライブ活動を行う。
2007年デビュー20周年に当たり、多数のゲストを迎え記念アルバムを発売し、同時に記念ライブを渋谷AX にて行う。
また、忌野清志郎&NICE MIDDLE with NEW BLUEDAY HORNSにてバンドマスターとして活動。
同バンドの楽曲も手掛け、同時にソロ活動においても精力的にライブも行っている。

※前売りチケットに関して
電話またはメールにて連絡を下さった場合には当店で取り置きすることが可能です。
遠方の方でチケットを取りに来づらい方は是非ご連絡を下さい。





15日(日)   Sammy Club Jazz Session
        open16:00 start16:30 
        ¥2,000(1ドリンク+えびせん食べ放題)
       ※誰でも参加できる飛び入りセッションです 。




21日(土)   平成デモクラシックスLIVE(ロック)
        open18:00 start18:30 
        ¥1,500(1ドリンク+えびせん食べ放題)





27日(金)   近藤房之助The Buried Alive
       Open19:00  start20:00
       前売り¥3,000 当日¥4,000 (ドリンク別)

       オープニングアクト
       Mix Nuts with ケンタロー

※前売りチケットに関して
電話またはメールにて連絡を下さった場合には当店で取り置きすることが可能です。
遠方の方でチケットを取りに来づらい方は是非ご連絡を下さい。





28日(土)   大口企画
       Open18:00  start18:30
[PR]
by mojo-m | 2010-07-26 02:02 | Trackback
みんなありがとうございます!
もうこの言葉に尽きます。

さぁ、これからも頑張ります。
ということで、今夜は原点に返りブルース

「ローラーコースター」といえば日本のブルースバンドでは重鎮
例えるならブルースブレイカーズ?
カミサンは色々思い出があるらしい。

石川二三夫&小出斉

遊びますよー
[PR]
by mojo-m | 2010-07-17 06:00 | Trackback

近藤房之助

b0064080_18453886.jpg

近藤房之助さんが新譜を出しました。
タイトルは「1968」
これは房乃助さん自身の1968年のときの気持ちを思い起こして作られたこともあり、このタイトルになったらしい。

最近、お客様のとり雑炊さんから借りている村八分の山口富士夫氏の自伝を読みはじめましたが、
時代はまさに1968~

京都にヒッピーのコミューンがあって、ビートがあって、ブルースがファッションショーのBGMになっていたようなことも書いてある。


因みに僕が生まれたのが1970


初めてブルースを意識して聞いたのが15歳(1985)の時にドアーズの「バックドアマン」からウィリー・ディクスンに、そしてジョン・リー・フーカーへ、

ヒットチャートはもちろん聴いていたけど、音楽の楽しみ方っていうのはそれだけじゃないなぁって、早い時期に気付いていたので、たぶん高校生の時にはヒットチャート3割、古典7割くらいで音楽を聴いていた。
当時、年配の人たちと会話すると「珍しい若者」としてチヤホヤされたが、
今年40になるオッサンに対して、若者からはただの懐古主義にしか映っていないのだろう。
なかなか伝わらないものがあってもどかしいこともある。


20歳のころ「ちびまる子ちゃん」歌っている人は何かすげーなーって思って、調べたらブルースの人だった。
他にも、何かすげーなーって思う人はだいたいブルースを知っている。

その頃巷ではトランス、テクノ、ハウスが新しい音楽として取り上げられてきた。
ジュリアナやゴールドで扇子をパタパタやっていたのもそのころ。

女子高校生の肌の露出が増えて来たのもそのころ。

アメカジなどという言葉が使われていたが、どう見てもハリウッドの街角で客引きしている人達のように見えた。
その後に出てくる「援助交際」は新聞を読まない青二才の自分でも予想できた。

バブル経済の恩恵があり、平日でも夜の街はどこも人が溢れていて「イッキ」の掛け声で酒を流し込んでバカ騒ぎだった。

だから独りで部屋にいる時はブルースやカントリーやフォークなどのなるべくイナタイのを聴いていた。
他にはトムウェイツとか阿部薫とか、あとレディースミス・ブラック・マンバーゾも良く聴いていた。

外のバカ騒ぎと自分の暮らし(収入)にギャップがあったのです。


今回の房之助さんの「1968」はソロ活動20周年を記念するようなアルバムで、
全曲ブルースの有名な曲ばかり。
さかな君が持ってきてくれたルーフトップ(ロフトが出している冊子)には房之助さんのインタビューが載っていて「ちびまるこ以降の20年・・・」といったことが書いてあり、
いまだに自分の声に納得をしていない房乃助さん、向上心と継続の話、
やはりこういう人の話は本当に面白い。

ジョン・リー・フッカーが死ぬ直前に「やっと納得のいくレコーディングが出来た」といってたこと思いだす。
房之助さんが70歳、80歳、90歳になった時の声が聴きたい。


嬉しいことに、先日マネージャーさんから連絡があり、
8/27に房之助さんのライブをやることになりました。
詳細はもう少ししたら掲載するので、ちょっとだけ待ってください。
[PR]
by mojo-m | 2010-07-07 18:45 | 過去のイベント | Trackback

うどん

b0064080_327115.jpg


「台所だより」http://mojodayori.exblog.jp/にも書きましたが、
清瀬にある「一将」といううどん屋をご存知ですか?
これ、うどん好きなら知らない人はいない東京では3本の指に入る凄いうどん屋です。
実はそこの大将がたまにモジョに来てくれるのですが、調子に乗ってモジョのカレーでカレーうどん作ってもいいですかって言ったらなんと、実現してしまいました。
2週間ほど前からメニューに載せているのですが大好評!

まぁ何というか、凄いです。
カレーうどんってたまにこだわりを持つ人がいますが、
是非食べてもらいたいです。

なんか、朝青龍が総合のリングに上がってしまった感じ・・・
あれ、解りづらいですね。


あっ、それと7/10は6周年パーティーですがゲストに塚本功さんが来てくれそうです。
そして13日~16日は感謝週刊としてビールやらワインやらをいつもより安く提供しようと思っていますが、これ読んだ人でその期間中にDJ(選曲)したい人などいらっしゃったらお店まで連絡をください。
ゆっくり食事をしたり会話の邪魔をしたくないのでボリュームはそんなに上げませんが、
音源を持ち込んでいただくだけでもけっこうです、曜日によって多少コンセプトを決めようかとも思っているので興味のある人は連絡をください。
因みに16日は鉄平プロデュースでSka特集いきます!
[PR]
by mojo-m | 2010-07-05 03:41 | Trackback

所沢の音楽喫茶「MOJO」店主が綴る寝言の数々


by mojo-m