「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

目に優しいかと思い黒地に白抜きにしてみた。
そしてやっぱり猫が好きなので・・・

ということで2月の予定です。





 6日(日)   ケンタローBLUES JAM SESSION vol.40
         open19:00 start 19:30
         ¥1,000+オーダー
         ※誰でも参加できる飛び入りセッションです 。





12日(土)   木村充揮 SOLO LIVE
       open 19:00  start 20:00
       前売り3000円(モジョ店頭のみで販売)
       当日4000円(木村組の方は3000円)
       ドリンク別

       嘗て憂歌団で一世を風靡した木村さん、
       天使のだみ声が再びモジョで聴けます。

       http://www.dandylion.info/
       オープニングアクト
       PEE WEE RYUJI & THE JUMPIN' STRIKES
       Saitou“PeeWee”Ryuji(g&vcl)
       HanazonoJohnnySlim(harp&vcl)
       “Baltic”Togo(b)
       AkamatsuMotoki(dr)





13日(日)   BLUES BUSTERS
       open 19:00  start 20:00
       前売り3000円(モジョ店頭のみで販売)
       当日4000円
       ドリンク別

       妹尾隆一郎が率いる日本の伝説のバンドマンたちによるオールスターバンド
       http://www.geocities.jp/weepingharp_senoh/
       Guitar & Vocal:内海 利勝/キャロル
       Guitar & Vocal:森園 勝敏/四人囃子
       Harp & Vocal:妹尾隆一郎/Weeping Harp Senoh
       Bass:大西 真/A
       Drums:松本 照夫/ウエストロードB.B.

       オープニングアクト
       ブルースブラジャーズ
       ロックス




20日(日)   久島勝則カルテット(JAZZ) 投げ銭ライブ
       open 19:00   start19:30
       お通し(500円)+オーダー

       出演者
       駒野正美vo
       杉山つよしgt
       今井由美子pf
       越坂部智彦ba
       久島勝則dr




26日(土)   FINGERS(DJ&LIVE)
       open/start1  20:30~all night
       フライヤー持参:1000円
       当日:1500円
       (共に1ドリンク別(500円))

【趣旨】
今や、過去に、
HIPHOPを通ってきた連中でどんちゃん騒ぎする宴です。
過去にHIPHOPを聴いていた(今も聞いている)と言うテーマですので、流れる音はテクノからロックまで何でもアリアリです。
サンプリング文化で広がった音の輪を其々の解釈を以て"赤目"で頭揺らす煙たいお祭りです。

【LIVE】
センカヲス
FGS(FINGERS)
AMAZ(rippin'cru.)
Shun(SKC/Gargoill Style)
Stone63(MAGNET/MAIWAI)
センカヲス+黒澤次郎(indus&rocks/次郎企画)

【DJ】
oreore
DETOKOROID.01(互分家)

jr.(RAWSUN refugeecamp)
BLACKILLAH(SKC/Gargoill Style/黒んぼキラー)
KRM(Vig Lounge/rippin'cru.)
base HEAD
DUBINCH(DUBINCHMOOD)

【LivePaint】
流創(sightrip/互分家)

【Clayart】
地上から2cm「Clay works」ari

【ARTexhibition】
Kewn(互分家)

【SHOP】
POTSHOT
サイコベアー(互分家)

詳細はこちら
http://50house.jugem.jp/?eid=137#comments




27日(日)    Mojo House 関東ツアー
       open 19:00  start 20:00
       ¥1,500(ドリンク別)

       出演
       Mojo House
       http://www7.plala.or.jp/mojohouse/
       フロミズワンダーズ
       http://furomizu.fc2web.com/
       ウンジャミ
       http://un-jamiweb.sblo.jp/
       DJ f-p
[PR]
by mojo-m | 2011-01-24 02:23 | 過去のスケジュール | Trackback
また思い出話ですいません、
思い出依存症です。

b0064080_2345857.jpg

この音源が僕にとっての運命の一枚かもしれない。
(正確には2枚組みなので運命の2枚か?)

手に入れたのは、たぶん自分が17歳くらいのときでしょうか、
僕が購入したのはCD化された再発盤

ここに収められている音源でまず気になったのが、

のこいのこの声
野澤享司さんの世界観
吉田拓郎のバックでギャンギャンいってるギター
「春よ来い」のグルーブ
高田渡のダメな感じ
なぎら健一の美声
そして、あがた森魚さんの何だか凄い切実な感じ・・・

など、あげればキリがない
それだけよく聴き込んだアルバムです。
以前にもブログで書いたが、何しろ金がなかったからCDなどをたまに買った日には
徹底的に聴きまくる。

このアルバムを元に当時聴いていたムーンライダースとあがたさんの接点に「はちみつぱい」があることを知り、
そこが最も自分の中でツボにはまってしまい、
はちみつぱいがウォークマンでエンドレスするのです。

時には夕方の稲荷山公園で黄昏ながら、
また野宿した航空公園のステージの裏で聴いたり、
当時、お金を貯めては神戸にいた女の子に会いに入ってたのですが、
その旅の間ずっと聴いていたのを思い出す。



ついこのアルバム「71’全日本フォークジャンボリー」について画像を探していたら面白いブログを発見した。
たまたまこれを聴いていたキングレコードの人があがたさんを気に入ってベルウッドを立ち上げたそうで、その辺の件が書いてある。
http://plaza.rakuten.co.jp/suriikoodo/diary/200912150000/



あがたさんにとっても運命の一枚だったのですね。




はちみつぱいの中で特に好きだった曲

[PR]
by mojo-m | 2011-01-12 02:37 | Trackback

ブルース

b0064080_20563119.jpg

本日、ケンタローのブルースセッション、
何とエリモくんギターデビュー、
昨日は石川二三夫さんに物怖じもせず果敢にハープを吹いていたのに、ギターも渋い。


最初にブルースをちゃんと意識をしたのはThe DoorsのBack door man という曲で、これは1stアルバムに入っていて原曲はウイリーディクソン。
1967年に発売された音源ですが、自分が手に入れたのは16歳のとき(1986年)
そしてこのCDは初めて自分の小遣いで買ったCDです。

そもそも少年時代は歌謡曲にはさほど興味がなく、映画音楽ばかり聴いていたのですが、
1983年のロボットアニメ「機甲創世記モスピーダ」のエンディングで掛かっていた曲が渋くて、何となくラグタイム系には反応してしまう子供でありました。


あと、そのころの名曲で外せないのがこれ



今となっては12小節の何とかかんとかは解ってきましたが、
考えてみれば子供のころから漠然とブルージーなものが好きだったのですね。
あと演歌が大嫌いだったのでその反動もあったかも知れない。


昨日は石川二三夫さんと小出斉さんのライブ
コマノさんとタマリンダさんで妖艶に味付け、
石川さんも小出さんも2回目ということでだいぶ慣れたようで前回よりもテンションが上がったかんじ。
小出さん、ロバートjrロクウッドみたいに、いなたくつま弾いていたかと思うと、リズム隊が入るとバリバリっとロイ・ブキャナンみたいになるときがある、
流石はブルース博士次から次へと凄いフレーズが出てくる、
そして石川さんはグワーっとワウを踏む。
サウンドチェックの時の石川さんのエフェクターの話、面白かったなぁ。

来月は妹尾隆一郎さんが四人囃子の森園さん、キャロルの内海さん、Aの大西さん、ウエストロードの松本さんを連れてくる。
それと、憂歌団の木村充揮さんはその前日、
ドロっとブルースなラインナップの2月。

僕の中では、この人達がいなければ日本の音楽がどれだけ退屈になっていたんだろうと思ってしまうような面子です。
[PR]
by mojo-m | 2011-01-10 20:56 | Trackback
1年間の記憶というものは、たかだか365日なのだけど曖昧なことが多い。
昨年なん十本とDVDやら何やらで映画などを観たのだが、
上半期に観た作品はほとんど記憶に残っていない。
「イントゥ・ザ・ ワイルド」とか「ショートバス」とか「ミルク」や素晴らしい作品をいっぱい観たのに、結局、昨年一番記憶に残ったのは年末に観た「デコチャリ野郎」(村上賢司監督)である。
酷い、全くどうしようもないテーマ、そして内容なのですが、
年末というより最近観たので、昨年の・・・となるとこれが出てくる。
b0064080_22551721.jpg

「BLACK EMPEROR ゴッド・スピード・ユー!」(柳町光男監督)に近いニュアンスがあるのだけど・・・
まぁ興味がある人は観るの勝手ですが、決して僕のせいにはしないで下さい。


ところで何でこんなブログを書いているのかというと、
新年早々、心身ともに絶不調であります。
やはり神明神社でお参りもせず酒ばかり飲んでいるから罰が当たったのでしょうか?


と、鬱々としたことばかり呟いても仕方ありませんね。
こんないい報告もあります。


1/30
「あがた森魚」決定です!!!
b0064080_23131418.jpg


詳細はこちら↓
http://www.bedtownbedtown.com/schedule.html
苦節半年、やっと口説くことができました。
是非、彼の奇跡を見て欲しい。
正直、デコチャリ野郎を借りに行くなら、「あがた森魚ややデラックス」を借りて下さい。
素晴らしいです。
涙が出ます。



何にせよ、
明けましておめでとうございます。
[PR]
by mojo-m | 2011-01-06 22:55 | Trackback

所沢の音楽喫茶「MOJO」店主が綴る寝言の数々


by mojo-m