<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2011年4月のスケジュール

3日(日)  open~20:00 貸切
        
         その後
         「ケンタロー BLUES LAM SESSION vol.42」
         open 20:00 start 20:30
         ¥1,000+オーダー
         ※誰でも参加できる飛び入りセッションです 。





9日(土)  Super Vacation Vol.1
       ~胸騒ぎのプレゼンテーション~
         open/start 20:30~all night

         【LIVE】
         CLUB Gestult
         Kantian
         地底山脈アクビ
         MoL
         レディメイド・レベル

         【DJ】
         .com(guest DJ)
         vancouvered
         machine
         YUTA
         space hellowork
         Gotta
         Kantian
         IORI





11日(月)  ヤマザキヤマト 投げ銭ライブ
         open 19:00 start 20:00
          ¥1,000(1ドリンク+えびせん)

         ゲスト
         平田達彦
         ササキヒデト

         ヤマザキヤマト
         アフリカやブラジル産まれの太鼓たち、
         20世紀最後の発明楽器Hangを駆使し
         躍動と癒しの音色を奏で歌う。
         心に響く歌詞そしてユニークなパフォーマンス
         子供も大人もきっと笑顔の時間に。
         2001年より全国を巡るツアーを開始。
         2010年サードアルバム『BLUE&RED』発表。
         http://www.gakuya.net/contents/yamato.html





15日(金)  近藤房之助The Buried Alive
         open18:30 start19:30
         前売3,000円 当日4,000円(ドリンク別)

         近藤房之助
         http://www.fusanosuke.net/
         オープニングアクト
         木製の椅子(アコースティックセット)
         http://mokuseinoisu.blog76.fc2.com/

         ※チケットの取り置きも可能です、メールもしくは電話にて承ります。





16日(土)  次郎企画
         「春の夕暮れほっこり アコースティック」
         open/start 17:30
         予約 2,000円  当日2,500円(共にドリンク別)

         LIVE
         marron+山本達久
         Suzken
         黒澤次郎バンド
         りん
         善財和也

         TOY SHOP
         サイコベアー(互分家)

         DJ
         gommissey
         oreore

         installation
         RUSOW

         LIVE PAINT
         KEWN

         マッサージ
         みーちゃん





23日(土)  open~22:00 貸切
         22:00から通常営業致します。      





24日(日)  久島勝則カルテット 投げ銭ライブ
         open19:00 start 19:30
         500円(お通し)+オーダー

         出演者
         駒野正美vo
         杉山つよしgt
         山崎タケルpf
         越坂部智彦ba
         久島勝則dr






29日(金)  17:00~22:00 貸切
         22:00から通常営業致します。





30日(土)  open~25:00 貸切
         その後通常営業致します。
[PR]
by mojo-m | 2011-03-31 21:55 | 過去のスケジュール | Trackback

ロックの話

b0064080_631270.jpg


次郎企画、凄く良かった。


70年代~80年代のギターヒーロー時代はそれはそれで素晴らしく、
やはりロックを語る上では常にそこの色々と比較をして語ってしまうのですが、
今、クラブシーンを通過して出てきた子供達には、そんな概念はなく、
正直、若者とロックについて語り合う時に寂しい思いをすることもあるのだけど、
グルーヴと向き合う姿は僕のようなギミックに塗れたロックおじさんよりも真剣で、
実は彼らは非常に要領よく音楽を勉強し吸収している。

先日、近藤房之助のマネージャの方と電話で話をしたのですが、
今回4月に出る彼のニューアルバムは黒人音楽のかなりディープなところを集めているのだけど、
バック演奏はマウンテンモカキリリマンジャロ、大阪モノレール、ズクナシ、キンダムアフロックといった、
若手の黒人音楽崇拝者ばかりである。
マネージャー曰く「彼らの演奏は驚愕あり感動である」といったようなことを言われた。
そう、本当にすごいんです。
しかし、それぞれコアなファンはいるのだけど中々それだけでは食べていける人たちはいない。

考えてみれば、ジミー・ヘンドリックスなどは当初アメリカではまったく相手にされずツアー先のドイツで火が付く。
彼の演奏を見たフェンダーの社長は「うちのギターはああいう楽器じゃない」と激怒したといった話も聞いたことがある。
パイオニアとはそういったものである。
ジャズにしろロックにしろそういった姿勢を貫いた人が本物で、
だからこそ彼らはカッコよくて未だに受け継がれるのである。

本来かっこいいロックというものは実は中々一般的には理解されないサブカルチャーであったりして、
カッコ悪いロックというのはしっかりと評価が定まった作品を淡々とコピーする行為である。

昨今、アーティストなどとい言葉を色々な人が多用するが、
「アーティスト=芸術家」という解釈ならマーケティングによって誰かに作り込まれた作品を、ただ歌い演奏し踊る人たちは、
ちょっとそれとは違うのではないかと思う。

しかし、僕は決してそれを愚弄しているのではないのです。僕だって韓流アイドルには癒されるし、ポップスをくちづさむことも有ります。



次郎企画と銘打って黒澤次郎が彼のバンドIndus&Rocksとその繋がりによって集まるイベントを、何だかんだ1年以上やっているのだけど、
最近のクオリティーは本当に素晴らしい。



ところで明日(今夜)はマニ・ノイマイヤー氏を迎えて「プログレ深夜便」というイベントを企画していたのですが、
このご時世でマニ氏急遽帰国となりまして、大幅に内容を変更致しました。
突然段ボールの蔦木さんも来れなくなってしまい、
手前みそではありますがSAXの大内さんと自分で「ノイズの友」やります。

突然段ボールに関しては僕自身「天国注射の昼」などにあこがれた世代、モジョ関係では熱いファンが沢山いるので何としてもまた企画をしたいと思っていますので、
皆さん楽しみに待って行って下さい。




「プログレ深夜便」に替わり、

「とくべつな夜vol.2」
open/start 20:00~翌2:00
¥1000(ドリンク別、エビせん食べ放題)

LIVE
vajuwaju
http://blog.vajuwaju.com/
ノイズの友
工藤圭
DJ
gommissey yoai さるさ 安田花織 他
[PR]
by mojo-m | 2011-03-20 06:31 | Trackback
昨日は元モジョスタッフの結婚披露宴に参加するために店主夫婦揃って渋谷にいました。
会場はビルの12階で一回目の地震の時は宴もクライマックスに入る直前、
想像を超える揺れと時間で一瞬死を覚悟をしましたが、大事に至らずスタッフの冷静な判断でスムーズに目の前の美竹公園に避難する事が出来ました。

その後二次会を予定していたBARの好意で30人位のグループを深夜まで避難させていただき、その後披露宴を行った系列のカラオケ店で朝まで避難することが出来ました。
体調の悪い人や子供もいたのでほんとうに助かりました。


途中、自分はどうしても戻らなければならなかったので歩きと一部開通した電車を利用して所沢のモジョへ帰りました。
深夜2時頃に所沢に到着しましたが、ヘトヘトになった自分は一回目の地震からほとんど食事をしていなかったので、駅前の吉野家で牛丼をいただきました。
吉野家のスタッフは二人で店を回していてノンストップで満席の疲れ切った客さんに食事を提供しています。
牛丼以外のメニューは欠品していて腹を立てて帰ってしまうお客さんもいるなか、笑顔を絶やさずに接客するスタッフ、あのような状況でも店を閉めなかった吉野家に感謝します。
今までで一番おいしい牛丼でした。


そして本日、節電についての情報が早い段階で流れましたが、
あえてモジョは営業をすることにしました。

モジョのお客さんは比較的一人暮らしの方が多いので、各人が部屋に籠って明り、暖房、テレビ、PCなどを使用するより、モジョに来て頂いた方が節電になるのではないかという判断と、
テレビ、ラジオ、パソコンなどから溢れる様々な情報を前に一人で部屋にいなければならないというのは非常に不安を感じるのではないかということを考えた結果であります。


また、あす13日に開催予定の「港祭り」ですが色々と協議した結果予定通り開催する事にしました。
節電の事も有りますので、明日の状況ではアンプラグドで行うことも視野に入れています。


モジョのスタッフにも気仙沼に家族を残している者もおり、昨日体験した恐怖を引きずっていたりと、お客様と同様に個々にはそれぞれ非常に緊張した状態があります。
そんな中、今、モジョが出来る事は飲食物を提供する事なので、
公式、非公式、個人発信と情報が錯綜する中、
不安を抱えている人たちに、美味しいものを食べていただき、みんなで会話をしたり音楽を聴くことによって、少しでも元気になって頂けたらと思っています。

このような判断が果たして適切かどうかは私自身いまだ考えているところではありますが、
どうか皆様にはご理解をして頂きたいと思っております。



追記
現在、食材の確保が通常通りにいかないこともあり、表示したメニューに欠品や変更など発生する事も有りますが、どうかご了承ください。
また、モジョではテレビを用意してはいませんが、
ラジオとインターネットで緊急の情報のみをお客様にお伝えしています。


音楽喫茶モジョ
店主 工藤昭太郎
[PR]
by mojo-m | 2011-03-13 02:32 | Trackback

15の夜

昨晩はモジョ終了後(午前3時)久米川のフォギーへ
http://foggydmb.com/
毎月恒例の「SHANK CB200」はクンビアを中心とした選曲で良い意味での「不良」が癒されさる空間
この日はフォギー9周年っとあってゲストも色々、
残念ながら自分はいつもモジョ上がりからなのでゲストのパフォーマンスは観れないのだけれど、
レギュラーのポールダンサーのチエちゃん、今月自身のヌード写真集を出すと云う事で気合が入った顔つきをしていた。
PACINOSのライブも良かった!
オーナーの岸さんはロンドンナイトの世代でしょうか、
一つ一つのコーディネートがほんとにカッコいいです。
5時に終了、帰宅して遅い(早い?)晩酌を済ませ就寝

昼に起床、こんどは川越のJammin'へ
http://live-cafe-jammin.com/
なかなか素晴らしいお店でした。
こちらのオーナーはこてこてのロカビリーで、
きっとケントスあたりで人生の勉強をされてきた感じです。

この二人のオーナーを見ていて、
40歳を超えてもカッコが良い人と言うのは、
若い時に何をして遊んできたかが重要なのかと思う。
どちらのオーナーもほんとにカッコいい。
きっとこの二人は全力で青春を謳歌してきたのだろうな、という匂いがあふれ出てる。


話はちょっとずれて・・・

今と昔を比較するのは野暮な話ですが、
当時はwebが無かったから情報を集めるには街に出かけなければならなかったし、
携帯電話も無かったので集合時間や約束事には今よりも厳粛だったような気がする。
逆に色々と取り締まりも緩く、度胸と要領があればいくらでも楽しめた時代でした。

今の若い人たちが可哀想だと思うのは、
PCの中でだいたいのことが完結してしまうこと、
体験としての情報処理が必要ないから頭でっかちで、タフになれない人が多い。
自律神経を患っている人が増えていたりするのも、
個人のスキルが丸裸にされて八百長が許容されない、そんな時代の産物なのかとも思う。

だからこそ僕はあえて今「野暮天」とか「世知辛い」といった言葉を多用する。
そうしないと「人の業」を許容できなくなってしまうから。

ただ、決して今を悲観しているのではないのです。
ちょっと、懐古しているだけなのです。


店に来るまでにカーラジオから尾崎豊の曲が流れていた、
青春の思い出には抗えませんね、
恥ずかしいけど口づさんでしまった。


さて、うちはこれからブルースセッション
モジョまでわざわざ足を運んでくれた人たちに素敵な思い出を作ってもらうために、
今日も営業します。
[PR]
by mojo-m | 2011-03-06 18:10 | Trackback

緊急

※このページで告知してあるイベントはマニ・ノイマイヤー氏の緊急帰国により大幅に変更されました。
どうかご了承ください。
変更後のイベントの詳細はモジョのHPのトップに掲載されています。
http://www.mojo-m.com/


伝説のジャーマン・プログレ「グルグル」の中心人物、
マニ・ノイマイヤー来日記念

b0064080_0493965.jpg


特別企画「プログレ深夜便」
3/20(土)
open/start 21:30~翌4:00
¥2000(ドリンク別)


LIVE

マニ・ノイマイヤー& 宮下敬一(Mandog)
http://www.aural-innovations.com/issues/issue19/guruguru.html
http://mandog.info/

蔦木俊二(突然段ボール)
http://totsuzendanball.com/

VAJYUWAJYU
http://blog.vajuwaju.com/

DJ
gommissey yoai さるさ A2C 他


ディスクユニオンにて一日店長をするマニ氏


マニ・ノイマイヤー
1940年生まれ。パーカッショニスト/インプロヴァイザー
1967年、ドイツにおけるフリージャズの草分けであるイレーネ・シュヴァイツアー率いるトリオに参加。スイスで最初のインプロヴィゼイション・グループとしてヨーロッパ各地で注目される。
1968年夏、イレーネ・シュヴァイツアー・トリオのベーシスト、ウリ・トレプテとともにグル・グル・グル―ヴとしてスタート。
1969年春にバンド名をグル・グルとし、何人かのメンバが出入りした後に、アジテーション・フリーに在籍していたことのあるアクス・ゲンリッヒを迎える。
1970年6月にOhrレーベルからデビューアルバル「UFO」を発表、次いで1971年7月にセカンドアルバム「HINTEN」を発表、1972年にはサードアルバムの「KANGURU」を発表。
グルグルはフリーミュージック/インプロヴィゼイションを中心としたグループで、当時のロック・シーンはもとより、サイケデリックや精神世界に精通する人々に大きな影響を与え、ヨーロッパ中にその名を広めることとなった。
マニ・ノイマイヤーはグルグルと並行して様々な音楽-作品に参加し、自己の音楽探求を怠らなかったが、近年特に活発な活動を展開しており、マニを中心に様々なプロジェクトの発足やCD制作が進行している。
中にはプロジェクトごとバリ島に赴き現地のガムランとのセッションを収録したものなど、民俗音楽への探求が注目される。いずれにしても、パーカッショニストという枠を越えた活動を展開する怪・超・音楽家である事は確かである。
また、東京タワー鑞人形館にはドイツの偉大な音楽家として彼の鑞人形が展示されている。更に、彼の参加した発表録音物は50を軽く越える。
[PR]
by mojo-m | 2011-03-06 00:54 | Trackback

3月のスケジュール

 6日(日)   ケンタローBLUES JAM SESSION vol.41
         open19:00 start 19:30
         ¥1,000+オーダー
         ※誰でも参加できる飛び入りセッションです 。





9日(水)   15:00~19:00貸切
        19:00~通常営業致します。





13日(日)   「港祭り」
         open/start 13:00
         ¥1,000(1ドリンク+えびせん)

         出演:一級河川荒川団・ソウルチキン
             池袋北口ゴールデンデラックス泥酔バンド
             清水わかな・鈴木敬子・峰岸孝之・ケイ杉山
             オイリー北川2・3・4・5
             港バンド





18日(金)   貸切がキャンセルとなったので、
          通常営業致します。





19日(土)   「次郎企画 2011.春」
         open/start 22:00(All Night)
         予約 2,500円/当日 3,000円(ドリンク代別途)

         GUEST LIVE: NAOITOバンド        
         LIVE:Indus&Rocks/善戝和也/センカヲス
         DJ:ETOKOROID.01/gommissey/DUBINCH/ ko Umehara/yoai
         LIVE PAINT:kewn/Rusow/げんめい/Stone63
         CLAY ART:地上から2cm「clay works」ari
         PHOTO EXIBITION:羽田野由佳
         TOY SHOP:サイコベアー(互分家)
       
         ※NAOITOバンドは出演キャンセルとなりました
          ご予約は、電話もしくはメールにて受け付けております。
          




20日(日)   予定されていた 「プログレ深夜便」 はマニ・ノイマイヤー氏の帰国により大幅内容を変更致します。

         「とくべつな夜vol.2」
        open/start 20:00~翌2:00
        ¥1000(ドリンク別、エビせん食べ放題)

        LIVE
        vajuwaju
        http://blog.vajuwaju.com/
        ノイズの友
        DJ
        gommissey yoai さるさ 安田花織 他





25日(金)   貸切がキャンセルとなったので、
          通常営業致します。





26日(土)   open~22:30 貸切
          22:30~通常営業致します。





27日(日)   塚本功TRIO TOUR“Stompin’AGAIN !! 2011 ”
         open18:30 start19:30
         予約¥2,000 当日¥2,500(ドリンク別途)
    
         出演
         塚本功TRIO 塚本功(guitar/vocal)長山雄治(bass)ASA-CHANG(drums)
         モアリズム            
         
デルタ兄弟         

         ※ご予約は、電話もしくはメールにて受け付けております。     


  
[PR]
by mojo-m | 2011-03-02 02:38 | 過去のスケジュール | Trackback

所沢の音楽喫茶「MOJO」店主が綴る寝言の数々


by mojo-m