「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2011年11月のスケジュール

 6日(日)  ケンタロー BLUES JAM SESSION vol.49
         open 18:00 start 19:30
         ¥1,000+オーダー
         ※誰でも参加できる飛び入りセッションです 。




 7日(月)  「世界、音の発見」 (投げ銭)
         open 18:00 start 19:30
         ¥1,000(1ドリンク+お通し)

         出演
         koji(ディジュリドゥ、ハング)
         オーストリア、アジア、ヨーロッパなど国外でも精力的に演奏活動を重ね、
         疾走感と優しさを合わせ持つkoji独自のスタイルを構成。

         渡辺笑吾(馬頭琴、ホーミー)
         伝統曲、民謡を笑吾流にアレンジ。
         また他楽器との即興セッションで独自の世界も探求。平和と癒しをテーマに国内外で活動中。
         馬頭琴、ディジュルドゥ、ハングーなどの民族楽器によるセッションライブ




12日(土)  貸切の為、22時30分より通常営業




13日(日)  クランド誕生日会




18日(金)  貸切の為、22時より通常営業




19日(土)  Chaspice Presents「誕生日だったサチを酔い潰す会」
         open/start 22:00~all night
         ¥1,500(別途ドリンク代がかかります)

         【Live】
         Chaspice
         Indus&Rocks
         irie tribe
         SARATOGA
         我ヲ捨ツル
         天国畑JAPON

         【DJ】
         佐藤D作(YxLxBxP)
         KON(irie tribe)
         HARU(音まみれディスコ)
         AK14NIA(13ROUND)

         【Live Paint】
         MAKI

         【Body Paint】
         Ayasumai




20日(日)  塚本功&中村まり
         oen18:30 start19:30
         予約2,500 当日3,000 (別途ドリンク代がかかります)

         中村まり
         http://www.marinakamura.net/
         塚本功
         http://isao-tsukamoto.net/
         オープニングアクト
         新福浩一郎&荒木聖行
         http://www.youtube.com/watch?v=pt0GM1ZAyx8




22日(火)  貸切




26日(土)  貸切の為、22時より通常営業
[PR]
by mojo-m | 2011-10-28 00:20 | 過去のスケジュール | Trackback

ロマンチスト

1994年
20代前半、僕は岐阜県岐阜市のマガジンというライブハウスで歌を歌いました。
その時は久しぶりに会う仲間から声がかかり、オープニングアクトを任されたから手伝ってくれとのこと、
メインアクトは当時スターリンを休止したばかりの遠藤ミチロウさん。

当時の心境を何と云えばいいのか、
僕自身も人並みに「栄光を掴め」「終わらない歌をうたおう」「俺は王様だと思っていた」「盗んだバイクで走りだす」など青春賛歌に酔いしれたりもしましたが、
スターリンの場合は特別で、遠藤ミチロウ氏の世界観を模倣することはとてつもなく恐れ多い行為で、シンプルに「天ぷら」とか「玉ねぎ畑」とか酔った席で冗談半分に叫んだりもしていましたが、それすら何か罪悪感を覚えたりするのです。
正直に言うと怖いのです。
そして気持ちがいいのです。

そのころパンクロックといえばグール、ローズローズ、スタークラブ、アナーキーといった尋常ではないライブパフォーマンスを行うグループが沢山あり、インターネットなどが身近にない頃だったので噂が噂をつくり、誰がやられただの殺されそうになっただのと、今のV系やラウド系のシーンで育った人たちには想像を絶する世界がありました。

その中でも、いや、その外側に遠藤ミチロウと町田町蔵は完全なインディペンデントの匂いをまとって世間に噛みついていたように見えました。

b0064080_3465594.jpg


20代前半の自分は半年間滞在したカルフォルニアのサンディエゴから帰国、「セックス・ドラッグ・ロックンロール」といった下らない標語を真に受けて時にチンピラを気どり荒廃した自分に酔い、無頼と虚言を語るという、ほんとうにつまらないどうしようもない陳腐な男でしたが、
マガジンでのライブ、そしてその後の打ち上げでのミチロウさんの佇まいそして言葉に心から自分を恥じ、そして希望をいただいたことを今でもはっきりと覚えています。
そこにいたミチロウさんはギミックを一切持たない真っ直ぐな人でした。

そして、その時に初めて聴いた曲がほんとうに素晴らしかった。
たぶん自分を変えた一曲を挙げるとしたらこの曲です。


[PR]
by mojo-m | 2011-10-05 23:55 | Trackback

所沢の音楽喫茶「MOJO」店主が綴る寝言の数々


by mojo-m