「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

my home town

「ふるさとは語ることなし」というのは坂口安吾の故郷、新潟の寄居浜の建てられた石碑に刻まれた言葉。
コンプレックスをもって故郷に背を向けた彼の捨て台詞のように思うが、色々な想像をしてしまう。

僕自身、親不孝で出鱈目な性分があり、恩を仇で返す連発を放ってきたので、
今現在、生まれ故郷に住んでいるのですが愛着は殆どなく、ちょっと恥ずかしく後ろめたいところを抱えながら生活をしている。
モジョを出店する時に何故地元でやらないのか?と幾人と訊かれたがモヤモヤと回答するのはこういうことである。

また「ふるさとは遠きにありて思ふもの」と云う名言がありますが。
21歳のころアメリカのサンディエゴに滞在していた時に特に強く感じた、
「ふるさとは遠きにありて思ふもの」的な観点での自分にとっての「ふるさと」と言うのは「飲み屋」でありました。

吉祥寺の「ゴールデンバット」や「のろ」
鶴瀬の「パオパオ」
といった飲み屋が、日本にいる親や友人やガールフレンドの顔より恋しくなった。

こういったものを心の故郷と云うのかと自覚した事がある。


先日23日に6年ぶりくらいに新大久保に立ち寄った。
目当ては「大久保水族館」というライブバー。

今から11年前、30歳の時にたまたま自作自演の誕生日会を開催した店です。
その頃は大久保水族館もかけだしたばかりで僕のようなチンピラにも店を貸してくれた。
当時のライブハウスの、30分しかステージの上に立てず金を巻き上げられて説教までいただくシステムにゲンナリしていたこともあり、
大久保水族館では閃いた事は片っ端から試してみた。
そんな目茶苦茶をいつも笑顔で観ていてくれたのがマスターの山下さんです。

そして2年ぐらいイベントを続けているうちに「工藤ちゃんならこんな店くらいできるよ」などと山下さんに煽てられ、調子に乗って脱サラをするのです。

マディー・ウォーターズがいなければ今のローリング・ストーンズは存在しなかった。
的に、モジョにとっては大久保水族館は重要な「故郷」なのです。

山下さんから語られる思い出話しや今までの苦労話などが新鮮に心に染み込む。
改めて彼の心の広さを実感した特別な夜でした。


まぁしかし、こんな駄文を書いていて自分の故郷は飲み屋ばかりというのは、いかに自分が安っぽい人間なのかとしみじみ思う。


5/10は日本を代表するバンドマンであり、本物ののんべえである近藤房之助さんがモジョに来る。
今回はKOTEZ&YANCYのヤンシーさんがピアノでサポート。
ヤンシーさんは待ちに待ってた最高のピアニスト、
そしてGANGA ZUMBAの宮川剛さんのパーカッション
今回のセットは僕にとっては夢の共演です。

5/11に洋愛君が主催する「BED TOUN vol6」にMO'SOME TONEBENDERの百々和宏氏がやってくる。
彼もまた日本を代表するロックンローラーであり、のんべえの一人。



飲み屋のついて思うのは、まずツマミがありきで、それなりの酒が有ること。
そこに音楽があれば尚いっそう最高と云った具合です。

たぶん2人にとってはそんな事は語るだけ野暮なんだろうけど、
どんな宴になるのか本当に楽しみ。
そんなこんなでこの5月の連日は僕にとって興奮の2日間になるのだろうなぁ。


先日、J・WAVEに出演していた百々さん、歳も自分と殆ど一緒
全く他人とは思えない会話の内容にニヤニヤしてしまった。
彼もまたニールヤンガー





おまけ
岡田さん羨ましいなぁ、俺もニューオリンズに行きたかった・・・

Bruce Springsteen - My Hometown
http://www.youtube.com/watch?v=aLSFcF8SOiw



ふるさとは語ることなし
[PR]
by mojo-m | 2012-04-27 05:07 | Trackback
6日(日)   ケンタローBLUES JAM SESSION Vol.52
         open 18:00 start 19:30
         ¥1,000+オーダー
         ※誰でも参加できる飛び入りセッションです 。




10日(木)   近藤房之助 LIVE
         Open/19:00 Start/20:00
         予約3500 当日4000

         出演
         近藤房之助(Vo/G)
         http://www.fusanosuke.net/
         宮川剛(Perc)
         http://www.gangazumba.jp/profile-miyagawa.html         
         YANCY(Key)
         http://yancy-piano.com/

         オープニングアクト
         コマノ・デラックス




11日(金)   BEDTOWN vol.6
         Open/19:00
         予約3000 当日3500 kids1500(全て1drink付)

         【LIVE】
         百々和宏(MO'SOME TONEBENDER)とテープエコーズ
         http://www.mosome.com/
         石原正晴(SuiseiNoboAz)
         http://suiseinoboaz.com/

         【DJ】         
         gommissey
         yoai
         Tokyo Joe

※こちらのイベントは満席となりましたので予約の受け付けを終了します。
http://www.bedtownbedtown.com





12日(土)   休み





13日(日)   久島勝則カルテット (投げ銭ジャズライブ)
         open19:00 start 19:30
         ¥500(お通し)+オーダー

         駒野正美(vo)
         杉山つよし(gt)
         瀬川真悟(pf)
         越坂部智彦(ba)
         久島勝則(dr)





19日(土)   貸し切り(22時30分から通常営業)





20日(日)
昼の部     変わり玉 虹のコンサート
         酒場にたむろする親父たちが音に目覚めた
         Open 13:00
         ¥2,000(1ドリンク+食事付き)




夜の部    「シャンバラのゆうべ」
         Open/Start 19:20
         予約2,000 当日2,500 (ドリンク別)

         【LIVE】
         jizue
         善財和也と大きな鯨
         THE天国畑JAPON

         【DJ】
         和崎博道(Blusoul)
         吉田宇宙(sifaka)
         坪内敦(SUNDRUM)
         DETOKOROID.01(互分家)

         【PAINT】
         momo

         【SHOP】
         MEETS AFRICAN





25日(金)   Spring Senkawos
         Open/Start 20:00~all night
         ¥2,500(1ドリンク+えびせん食べ放題)

         【LIVE】
         センカヲス
         RIDDIMATES inc.
         QuO
         馬喰町バンド

         【Special Opening Act】
         タバマ企画オーケストラ
         (善戝和也+柏佐織里+大島武宜+和田佳憲)+タバマ企画ダンサーズ
         2012年3月に横浜赤レンガ倉庫にて行われたコンテンポラリーダンス公演
         「タバマ企画『リリバーシブル』」の楽曲制作、
         演奏を担当したタバマバンドの4人が一夜限りの復活!!
         ダンサーも交えて、60分の公演をぎゅっと凝縮してお届けします!!

         【DJ】
         自由と砂漠

         【Live Painting】
         MIYUKI(liquidbiupil)





26日(土)   花田裕之&keme LIVE
         open/18:00 start/19:00
         予約3,000 当日3,500 (ドリンク別)

         出演
         花田裕之
         http://www.hanada.cc/
         keme
         http://kemechan.syncl.jp/





27日(日)   Popsong Live
         Open/18:30  Start/19:00
         ¥1,000+オーダー





30日(水)   貸し切り(23時から通常営業)
[PR]
by mojo-m | 2012-04-25 19:38 | 過去のスケジュール | Trackback

HENRY COW(ヘンリーカウ)

「ヘンリーカウ」とタイトルに書かれて、
何のことやらと思われる方が7割、美味しそうと思われる方1割、某国のロケットが気になってそれどころではない方1割、そして興奮で叫び出す人1割といったところでしょうか。

音楽好きなら御存じの方も多いと思われますが、
70年初頭のイギリスにおけるプログレッシブ・ロックグループの話でございます。

何?プログレッシブ・ロックが解らない?難しい?
いやいや難しいのはあなたの頭の中です。

音楽には上も下もありません。(は、先日のラジオでのモアリズムナカムラさんのお父様の話)

とにかくそのヘンリーカウというバンドのメンバーが来日するのですが、
我が音楽喫茶モジョに立ち寄ってくれる事になりました。
ヘンリーカウを詳しく知りたいならこちら。
http://www.asahi-net.or.jp/~xg6y-wtnb/henrycow.html


メンバーはジョン・グリーブス(b.p)、クリス・カトラー(ds)、ジェフ・リー(sax)そしてSOFT MACHINEのヒューホッパーと活動したりと在英日本人の音楽家では女王様と言っても過言ではないユミ・ハラ・コークウェルの4名でライブを行って頂きます。


まぁ何がどうなっちゃうのか分かりませんがとりあえずヘンリー・カウ







6月15日(金)
The Artaud Beats LIVE at MOJO
Open19:00/Start20:00
予約3800 当日4300(ドリンク別)
 
The Artaud Beats
ユミ・ハラ・コークウェルとヘンリー・カウのファーストアルバムメンバーの3人(クリス・カトラー、ジョン・グリーヴス、ジェフ・リー)計4人のバンド
ユミ・ハラ・コークウェル (keyboard, voice)はロンドン在住の日本人ミュージシャン。
ピアノサーカスなどに曲を提供する現代音楽作曲家であるとともに、近年は元キングクリムゾンのデヴィッド・クロス、チャールズ・ヘイワード、坂田明、吉田達也等との即興演奏で注目されている。
元ソフトマシーンの故ヒュー・ホッパーとHUMI名義でリリースしたCD「Dune」での演奏で2008年度ジャズステーションポールのキーボード部門第4位にランクされる。
2009年にMOONJUNEからリリースされた元ヘンリー・カウのサックス/フルート奏者ジェフ・リーとのデュオCD「Upstream」は専門誌、専門サイトで絶賛されている。イーストロンドン大学音楽学講師。元精神科医という異色の経歴を持つ。

サポートアクト
ロックス 大和田ゲンタ(G、Vo)、塩田厚(B)、北澤孝一(Dr)
ノイズの友 大内英明(Sax)工藤昭太郎(G)テル(DJ)

ちゃっかり店主もギターを弾きます。
[PR]
by mojo-m | 2012-04-13 01:53 | Trackback

所沢の音楽喫茶「MOJO」店主が綴る寝言の数々


by mojo-m