「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

15年9月ノスケジュール

6日(日)アマンダ・コスタ♪ ボサノヴァ&サンバライブ!!
     Open/13:00 Start/14:00
     予約2,800円 当日3,300円(ドリンク別、エビセン食べ放題)

     明るい笑顔で人気のブラジル人実力派ミュージシャン・ダリオと、
     若手ナンバーワン・ギタリスト外園健彦(ほかぞのたけひこ)とでお贈りする
     ブラジル音楽ライブ!心地よい癒しのボサノヴァと、心踊るサンバで元気に
     明るく笑顔いっぱい、大いに楽しく弾けて盛り上が りましょう!!
     アマンダ・コスタがボサノヴァの巨匠ホベルト・メネスカルや
     カルロス・リラとブラジル・リオデジャネイロで共演録音したボサノヴァCD「Rio」は、
     スイングジャーナル誌で4つ星評価♪
     この日はブラジルの代表的カクテル・カイピリーニャも特別メニューに追加します!
     ライムたっぷりで爽やかでとても美味しいです!!

     ★出演
     アマンダ・コスタ Vo http://amanda-costa.info/
     外園健彦 Gt
     ダリオ Per

     ※この日の夜は18時より通常営業致します。



12日(土)花沢耕太ピアノ行脚 ~ぶらり一人旅~
     Open/18:30 Start/19:30
     3,500円(別途ドリンク代)
     チケット販売など詳細はコチラ→http://chicagopoodle.com/
     ※こちらのイベントのチケット及び予約に関しては当店では取り扱っていません。



13日(日)油祭り
     オイリーフレンズ・パーティーデイ
     知ってるあなたも知らないあなたもオイリーロック!
     合言葉はDamn Good!

     Open/13:00 Start/19:30
     1000円(1ドリンク+エビセン食べ放題)

     出演
     オイリーバンド他



16日(水)踊ろうマチルダ
     Open/19:00 Start/20:00
     予約3000円 当日3500円(ドリンク別、エビセン食べ放題)

     ★サポートアクト
     アントニオ佐々木(モアリズム)



19日(土)~21日(月)終日臨時休業致します。



22日(火)「ふたりでビッグショー〜柳原陽一郎と鬼怒無月」
     Open18:30 Start19:30
     予約2500円 当日3000円(エビセン食べ放題、ドリンク別)

     ★柳原陽一郎(vo,g,pf)
     1990年にバ ンド“たま”のメンバーとして『さよなら人類/らんちう』でデビュー。
     1995年にソロ活動をスタート。日々の雑感を平たい目線で捉えつつ、
     人の心の機微をファンタジーや言葉遊びに託した歌詞は特にユニークで、
     おおらかでペーソス漂うボーカルとともに各方面より賞賛されている。
     またジャンルを問わないセッションも精力的に行い、2012年からはジャズバンドの
     オルケスタリブレによる『三文オペラ』に全曲の訳詞とボーカルで参加し、
     また新たな魅力をアピールすることとなった。これまでに2013年発表のオリジナルアルバム
     『ほんとうの話』を含め、9作のソロ作品を発表。2015年1月にはデビュー25周年を記念して
     柳原陽一郎としては初のベストセレクション・アルバム 『もっけの幸い』をリリース。

     ★鬼怒無月(g,cho)
     ’90年に自己のグループ、ボンデージフルーツを結成、
     ’94年にバイオリン奏者勝井祐二と共に発足したレーベル「まぼろしの世界」より 
     現在までに最新作の「Bondagefruit6」(’05年2月発売)を含む6枚のアルバムを発表。
     ボンデージフルーツは’98 年”ScandinavianProgressive Rock Festival”、
     ’99年にはサンフランシスコの”Prog Fest ’99″に招かれるなど海外での評価も高い。
     ボンデージフルーツと平行してEWEより2枚のアルバムをリリースしている
     チェンバーロックバンド「Warehouse」、ギターインスツルメンタルの極を追求する「Coil」、
     勝井祐二とのデュオ 「Pere-Furu」、壷井彰久(vn)との「ERA」、吉田達也(ds)の「是巨人」、
     カルメンマキ(vo)の「サラマンドラ」、更に灰野敬ニ(vo,g etc.)、常味裕司 (oud)との
     コラボレーション、ギターソロ等日々自己のギタースタイルを進化させ続ける異才ギタリスト。

     ★オープニングアクト
     菊地のりよし 他



23日(水)次郎企画

     詳細未定

     出演
     Indus&Rocks 他



26日(土)カンザスシティバンド ニューアルバム発売記念ライブ
     Open/19:00 Start/20:00
     予約2500円 当日3000円(エビセン食べ放題、ドリンク別)

     ★出演
     カンザスシティバンドKC7http://sound.jp/kcb/
     下田 卓(vo,tp)新谷健介(cl)上野まこと(ts)上山実(pf)丸山朝光(bj)渡部 拓実(b)瀧澤篤貴(dr)

     ★オープニングアクト
     キャベッジ&バードックhttp://cabbageburdock.com/



27日(日)ケンタローBLUES JAM SESSION Vol.89
     Open18:00 Start20:00 
     1000円(1ドリンク別+お通し付き)

     誰でも参加できる飛び入りセッションです 。
     是非、楽器を持って遊びに来て下さい。
[PR]
by mojo-m | 2015-08-28 23:19 | 過去のスケジュール | Trackback

2015年を心に刻む

最近フジロックのレ―ポートを書かなくなってしまったけど、めんどくさいのと、評論家みたいになっちゃうの気持ち悪いので・・・

とか書きながら、胸に刺さってしまった一曲
これから何年か経って2015年を思い起こす時、必ずこの曲が胸をいっぱいにするのだろうな。

GLIM SPANKY
「大人になったら」


「こんなロックは知らない 要らない 聴かない君が
上手に世間を渡っていくけど
聴こえているかい この世の全ては
大人になったら解るのかい」


僕はロックってのはどこか文学じゃなきゃいけないと思っているのです。
松尾レミさんのステージに大人になれない44歳は泣かされましたよ。
[PR]
by mojo-m | 2015-08-09 01:32 | Trackback

2015年8月のスケジュール

1日(土)
ACTION BAND
Open/Start 20:00
3500円 飲み放題、食事付き



2日(日)
井上尭之 ソロライブ
Open18:30 Start19:30
予約3500円 当日4000円 (エビセン食べ放題、ドリンク別)



9日(日)
ケンタローBLUES JAM SESSION Vol.88
Open18:00 Start19:30
1000円(1ドリンク別+お通し付き)

誰でも参加できる飛び入りセッションです 。
是非、楽器を持って遊びに来て下さい。



14日(金)
ロブ・ストーンwith加藤エレナ
Open19:00 Start20:00
予約3,000円 当日3,500円

サポートアクト
佐藤龍英、ケンタロー・ブルースセッションバンド



16日(日)
スナックえりりん
Open/Start 19:00
1000円(1D+お通し付き)

実質的にはモジョのボス、絵里子さまが自由気ままに営業するプチ・イベント
毎回お題を出して常連の方々にBGMをセレクトして頂いてます。
今回のお題は「トランスジェンダー、ホモセクシャル」



17日(月)
月曜日をぶっ飛ばせVol.10
Open19:00 Start20:00
3,000円(ドリンク別、エビセン食べ放題)

出演
Republic session
関 雅樹Gt 石井為人Key 大西 真Ba 岡井大二Dr
闘魂エクスプレス



23日(日)
夏のLiveLiveLive at MOJO
Open18:00 Start19:00
2000円(ドリンク別、エビセン食べ放題)

出演
イーノマヤコ&CWMC
菊地のりよし&ヒューマンタッチ
夜の野球場
ヤマザキヤマト



29日(土)
野沢享司&吉村瞳
Open19:00 Start20:00
予約2500円 当日3000円 (エビセン食べ放題、ドリンク別)

オープニングアクト
月野原農園バンド(樽谷慎二gtvo 武村国蔵dr 入江考之ba 工藤昭太郎gthp)

野沢享司
13歳でビートルズに出会う。実兄からの影響でビートとヒッピー文化の狭間を揺れ動く。野澤兄は、野澤本人がシバと出会う前からシバの知り合いであった。
1972年、斉藤哲夫の紹介で中津川フォークジャンボリーに出演。ギターをかき鳴らしながらトイピアノを弾き、ハーモニカを吹くという衝撃的なデビューをはたす。同年、URCレコードからアルバム『白昼夢』を発表。
その後、1年半ほど小室等のギタリストとして活動。
斉藤哲夫、矢野顕子、ムーライダースらのバックアップと小室等プロデュースによる2作目『kyoji-Travelin’』は1977年に発表。
野澤本人は「キンクスのようなサウンドを目指していた」と回想している。

吉村瞳
18歳でスライドギターをはじめる。ヴォーカリストとなるのは22歳。女性アコースティック・ユニット / Red Dirt Boogie Sisters を結成。ラップ・スティール・ギターをはじめたのは26歳。現在はソロとパーカショニスト小笠原知子とのデュオで全国各地でライヴ活動を行なう。
アコースティックギターによるボトルネック、ラップスティール、リゾネイト・ギターを使い分け、アメリカ南部サウンド(スワンプやブルース)に根ざした音楽、ネイティヴ・アメリカンの音楽に影響を受けたロックンロールをソウルフルに歌いあげる。



30日(日)
久島オルガントリオ

出演
瓜生利典(org)
駒野正美(vo)
久島勝則(ds)
[PR]
by mojo-m | 2015-08-02 02:55 | 過去のスケジュール | Trackback

所沢の音楽喫茶「MOJO」店主が綴る寝言の数々


by mojo-m