「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

明日は!

「わたし、今夜、モジョります。」
Open/18:30 Start/19:30
2500円(ドリンク別、えびせん食べ放題)

久々にマチケンこと町田謙介さんが登場です!


こちらは手前味噌ですいません~店主が調子こいてギターで入っちゃったやつ。

[PR]
by mojo-m | 2016-04-29 18:30 | Trackback
今まではフェイスブックでほざいていたこともチョイチョイこちらに載せてしまおうと、もう少しパブリックなところで自分をさらけようと思い転載します。


昨日、再結成?したノブディランで熱いステージを見せていながら、演奏後ややボンヤリしていたマサキ様が、なんとインフルエンザで自宅謹慎。
マサキ様、本日行く予定だったボブ・ディランに行けなくなるという惨事に・・・
バンド名的に問題があったのか?
呪か?

そういった経緯で棚ボタ式に代打でうちのカミさんがボブ・ディランなんか見に行くことになったもんだから、取り敢えずモジョでは2010年のゼップの隠し録り音源を流してみる。

まぁしかし、本音を言えば自分が行きたかった。
が、先日の「戸川純レッドアロー乗り過ごし事件」のホトボリも冷めていないので、というか其の日に多額の散財をした事をうっかりネタとして自供してしまい、非常にバツが悪いので彼女の背中を押してやった。

そしてもう一つ、実は「はちみつぱい再結成」のチケットも戸川純と同様にS氏の手配でゲットしている。
どの道、こちらのライブが終了するまではカミさんとの微妙な力関係は続くだろう。

そして絶対的に言えることは家計が苦しくなるということだが
それについては知らないふりをするしかない・・・・

b0064080_2147764.jpg

[PR]
by mojo-m | 2016-04-06 21:48 | Trackback

ワイルド7と私

先ほど車の調子が悪く、ホンダのサービスステーションに寄ったらホンダ特集のmonoマガジンが置いてあり読みふける。
その中でCB750の特集があり、案の定「ナナハンライダー」が取り上げられていた。
1975~10年間連載された週刊少年チャンピオンのバイク漫画の代表作の一つですが、やはりCB750といえば僕の中では飛葉ちゃんなのです。
その飛葉ちゃんと云うのは望月三起也氏の週刊少年キングで1970年~10年間連載した「ワイルド7」の主人公、飛葉大陸(ダイロクと読む)
そして「ワイルド7」は自分が最も影響を受けた漫画の一つ。

何でモジョのブログでこんなことを書いているのかというと、実はモジョを12年前に立ち上げる際にまずやらなければならないことは何かと考えた時にワイルド7を買い揃えました。
人生の岐路に立たされた時に飛葉ちゃんならどうするだろう?
ということで、改めて自分のルーツを振り返る必要があると思ったのです。

で、そのワイルド7、少年時代に一度全巻揃えてはいたのですがそれから月日が経ちほとんどを紛失していたので、貴重なお店の立ち上げ資金を握りしめて家族の非難を無視して古本屋へ走ったのでした。

たかが漫画です、
大げさに書けば絵画と文学を兼ね備えた表現方法、ものによっては非常にカジュアル、それ故にコマーシャルとして消費されることも多い。
そんな漫画をたまに見下す人がいますが、他の芸術家と同様に作り手は決しって手を抜いていません。
ペンと紙さえあれば誰にでもできるからこそ壮絶な競争の上にほんの一握りだけの作品が人を魅了するのです。

先ほど店に着いてPCを開いたら、昨日、望月三起也さんがお亡くなりになったことを知りました。
望月さんは主にハードボイルド、そして其の中にサスペンスを盛り込むのが非常に上手な方で、戦記、アクション作品が有名ですが、またキャラ作りもとても上手な方だと思いました。
それと意外と知られていないのが日本のサッカー業界ではとても有名な方だったということ。
「スーパーサブ」というサッカー漫画も望月作品の中では外して語ることが出来ない作品です。
明石家さんま、とんねるずなどと芸能人サッカーチームを作り監督をされていたこともあります。
J・リーグの発足にあたり「キャプテン翼」は重要な役割をした漫画ではありますが、望月さんの功績も決して忘れてはいけないと思います。

12歳の時に「ワイルド7」と出会ってアントニオ猪木、矢吹丈、ジム・モリソンといろんな人に影響を受けてきましたが望月さんの創りだしたキャラクターに受けた影響は其の中でも突出していて、飛葉ちゃんが教えてくれた「正義」と「勇気」には心から感謝しています。
合掌
b0064080_2221624.jpg

[PR]
by mojo-m | 2016-04-04 22:05 | Trackback

16年4月のスケジュール

2日(土) ERA×senkawos×Indus&Rocks
      Open/19:00 Start/20:00
      予約2500円 当日3000円(ドリンク別、エビセン食べ放題)

      ERA
      ヴァイオリニスト壷井彰久(KBB, オオフジツボetc)とギタリスト鬼怒無月(ボ ンデージ・フルーツ、             サル・ガヴォ)のデュオ、ERA(イーラ)。
      様々な音楽的引出しと確かな演奏テクニックで、たった二人の演奏とは思えない 、壮大で美しく、             かつアグレッシヴな演奏を繰り広げ、即興を織り交ぜたライヴ パフォーマンスにも定評がある。
      プログレッシヴ・ロック、民族音楽、ジャズ、フォークなどを融合したサウンド が老若男女や国境を             越えて根強い支持を受けており、今年結成12年目を迎える。
      2010年発表の4作目『忘れられた舟』はその豊穣かつ繊細な音色とアンサンブル が各方面で高い            評価を受け、国内プログレシヴ・ロックの作品では異例の販売数 を記録し現在も記録更新中。




3日(日) オープンより23:00まで貸切
       23:00より通常営業致します。




4日(月) 月曜日をぶっ飛ばせvol.12
       「関 雅樹+岡井大二Session&NOBDYLAN」
       Open/19:00 Start/20:00
       3000円(ドリンク別、エビセン食べ放題)

       ★関 雅樹+岡井大二Session
        関 雅樹gtr
         石井為人pf
        宮野和也bass
        岡井大二dr

       ★NOBDYLAN
        早川伸生 Vo.&A.G
        伊東昌喜 Vo.&A.G
        荒木聖行 Mandolin
        新井信生 Bass
        CHIKA Vo.&Cajón




9日(土)  三蔵法師 ライブ
       Open/19:00 Start/20:00
       2000円(ドリンク別、エビセン食べ放題)

       「三蔵法師」
       洋楽邦楽問わず数々のヒット曲をアコースティックギター3本で演奏するユニット。

       ★JIZO=中村jizo敬治
        ギタリスト、シンガーソングライター :自身のソロ活動の他、HOT KUMA、 aureole等の
        バンドで活動中

       ★YOZO=塚本陽三
        ギタリスト、コンポーザー
        岡田浩暉、吉田朋代、森圭一郎、LEGOLGEL、鈴木美穂、速水奨、伊藤静などの
        アーティストのライブサポート。
        (株)Zoomの製品デモンストレーター

       ★JUNZO=下谷淳蔵
        ギタリスト、アレンジャー、コンポーザー
        40枚以上のCD作品に参加、50組以上のライブサポート、
        現在は三蔵法師の他にインストユニットITSでも活動中。 




10日(日) Walkin’Back(カントリー)
       Open/17:30 Start/18:30
       3000円(フード付き、ドリンク別)




13日(水) オープンから21:00まで貸切
        21:00より通常営業致します。




16日(土) 第3回BLUESみたいな夜
       Open/18:30 Start/19:30
       2000円(ドリンク別、エビセン食べ放題)

       〈出演〉
       ba-yan小林、完次郎、津田圓蔵、ならじん
       さばいばるいとう(ドックス小高Gt、研人ハープ)




17日(日) ケンタローBLUES JAM SESSION Vol.95
       Open19:30 Start20:00 
       1000円(1ドリンク別+お通し付き)

       誰でも参加できる飛び入りセッションです 。
       是非、楽器を持って遊びに来て下さい。




23日(土) オープンより22:00まで貸切
        22:00より通常営業致します。




24日(日) 片岡 貴生✕DAISUKE & TAKUO
        Open/18:00 Start/19:00
        予約2500円 当日3000円

        ★片岡 貴生
        ★DAISUKE & TAKUO
         元COOLDRIVEの田中大介、と東京60watts杉浦琢雄による鍵盤DUO。
         2013年頃から都内にて活動開始。
         2015年夏、1st album 「2PIANOS,4HANDS,2VOICES」をリリース。
         埼玉と岐阜にてワンマンライブを行う。




29日〈金) 岩上真紀クインテット・ライブ
        Open/18:00 Start/19:00
        2000円(ドリンク別、えびせん食べ放題)
        〈出演〉
        岩上真紀sax
        金成朋美sax
        飯塚由加pf
        野々口毅ba
        小松誠司dr




30日(土) 「わたし、今夜、モジョります。」
        Open/18:00 Start/19:00
        2000円(ドリンク別、えびせん食べ放題)
        〈出演〉
        町田謙介 vo&gt
        フルネルソン太郎 vo
        川船芯吾 gt
        福田麻衣 vo&pf (Team 大人の恋)
        リーダー pf(Team 大人の恋)
        〈内容〉
        blues、soul、funk、pops、jazzるノスタルジックナイトをお届けいたします。
        ※ノスタルジック感は、聞く方によって個人差があります。
[PR]
by mojo-m | 2016-04-01 22:43 | 過去のスケジュール | Trackback

所沢の音楽喫茶「MOJO」店主が綴る寝言の数々


by mojo-m