「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

そうだ!
オリンピックといえば何が好きって、やっぱ閉会式なんだよね~
初めて興味を持ったのはアトランタ五輪の閉会式で、総合演出がグレートフルデットのミッキー・ハートだったんです。
あれから閉会式にハマりました。

そう、本来オリンピックってのはスポーツと文化の祭典
だから開会式や閉会式にその国の特徴を表す文化的な演出が行われる。
カナダでやった時はニールヤングだったり、ロンドンはキンクスのレイ・デイビスが出てきたり。
それで次のオリンピック開催地にバトンを渡すのだけど、ロンドンの時はサンバチームがダーっと出てきてそこに何とセウ・ジョルジュがラップで入って来た!
NHKのアナウンサーは「何だかカッコいい人が出てきました」って実況していてズッコケたけど(笑)

さぁリオの閉会式はどうなるのか!
注目するところは次の開催地の日本がリオの閉会式に何を持ってくるのか?
エグザイル、AKB、ジャニーズは国外の知名度がアレだし、あの辺を日本の代表だと思われるとそれもアレだからねぇ。
ずばりパフュームあたりがバリバリのプロジェクションマッピングを和物仕様で出てきたりしたら鳥肌が立つなぁ。
サンバチームに対抗して阿波踊りが登場、その中にベビーメタルが入って来てエンヤトットな感じを倍速に刻んでスラッシュ!とか。

そういえば開会式は映画「シティーオブゴット」のフェルナンド・メイレレス監督の演出でしたね、シティーオブゴットと云えばセウ・ジョルジュ。

いろいろ問題はあるけどオリンピックのそんなところが好き。
[PR]
by mojo-m | 2016-08-20 21:02 | Trackback

16年8月のスケジュール

6日(土) Emerald River Dance
Open/18:30 Start/19:30
2000円(ドリンク別、えびせん食べ放題)

<出演>
★Nakhodka:
音響作家である木村啓人(Gt,Vo)の楽曲を、透明感のある牧歌的な歌声で山本真由
(Vo,Per)が表現する。原始的・民族的というFolkをテーマとし、ギター+唄を基本とするバンド。
 
★PCPC:
アート寺子屋「Kyklopsketch」主宰 平林秀夫、「vajuwaju」「金物屋トリオ」他で活動する
ドラマーカワイヒトシによるラップトップ & パーカッションDUO。稚拙で単純な方法論を軸に、
生演奏と電子音楽のノリシロ部分をデザインする軽音楽ユニット。

★石の寝床:
2010年結成。core of bellsなどのメンバーとして活動する瀬木(g.vo)と石原敦子(vo)の歌唱ユニット。
それぞれがつくった歌を持ち寄り、ギター1本歌2人で演奏している。

★直列猿人:
インプロバンド【モニャ次】【寒天縄】【kinzichi】、琴とコントラバスのトリオ【チョップドトマト】、歌モノ【サラダマイカル富岡製糸場グループ】の小山和朗(Gt)、フリーキーマシーンのキーボード奏者である小野茂人(Key)、毛玉、Go Everywhere等で活躍中の露木達也(Dr)によるキーボード&ギター&ドラムトリオ。



11日(木・祝) カンザスシティバンド(KCB)
Open/19:00 Start/20:00
予約2500円 当日3000円(ドリンク別、えびせん食べ放題)

<出演>
カンザスシティバンド(KCB)
下田卓Vo, Tp/ 井上大地G/ 上山実P/ 渡部拓実B/ 大澤公則Ds

<オープニングアクト>
航空公園ジャグバンド(KKJB)



12日(金)~17日(水)のランチは、お休みさせて頂きます。



14日(日) スナックえりりん
open/start 19:00
1000円(1ドリンク+お通し付き)



21日(日) ケンタローBLUES JAM SESSION Vol.100
Open18:00 Start19:30  
1000円(1ドリンク別+お通し付き)

誰でも参加できる飛び入りセッションです 。
是非、楽器を持って遊びに来て下さい。



27日(土) 塚本功ソロアルバム「アルシュ」発売記念LIVE
Open/19:00 Start/20:00
予約3000円 当日3500円(ドリンク別、えびせん食べ放題)
special guest 小島麻由美



28日(日) 夏のライブライブライブ
Open18:00 Start19:00
2000円(ドリンク別、エビセン食べ放題)

<出演>
★イーノマヤコwithBAND
★菊地のりよし&ヒューマンタッチ
★夜の野球場
★ヤマザキヤマト

       
[PR]
by mojo-m | 2016-08-03 22:36 | 過去のスケジュール | Trackback

所沢の音楽喫茶「MOJO」店主が綴る寝言の数々


by mojo-m