RenRenのジュリーさんありがとう。久々に聴きましたよ、マーキー・ムーン。それは僕の青春の1ページです。浪人時代は、そいつをヘッドホンで聴きながら、黙々と関越のわき道(ワイセツ街道)を自転車で徘徊してました。パティ・スミスなんかも青春のモンモンとしたシーンのサントラです。そしてジャックス、カップス、モップスのは大人の階段を登る重要アイテムです。

通りすがりさん、セッションやりますよ! 今月は17日です。モジョのドクター・ジョンことケンタローさんのもとに集合です。勿論、ブリブリのブルースですよ!

あ~今日も濃かった。最後はジ・エンドで幕となりました。さよならだけが人生だ・・・なんちゃって。
[PR]
# by mojo-m | 2004-12-08 05:36 | Trackback

所沢の音楽喫茶「MOJO」店主が綴る寝言の数々


by mojo-m