あのころの夏休みって何だったんだ。

まず、あれだ、フジロックのレポートは諦めた。

何で飲んだくれているのに時間作れないんだ!と思う人いっぱいいると思いますが、
その「飲んだくれる時間」というのが皆さんの想像を超えて自分にとっては重要なのですね。

すいません。

まぁしかし簡単に書きましょう。

初日
THE MIDDLE EAST
DEERHOOF
HANGGAI

二日目
G.LOVE&SPECIAL SAUCE
DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN
MARC RIBOT Y LOS CUBANOS POSTIZOS
パンチの効いたブルース(マダムギター/v&g、Grace/ v&drs、かわいしのぶ/v&b)
THE FACES
T字路s

三日目
SION(佐々木希)
blues.the-butcher-590213
なぎら健壱&OWN RISK
TINARIWEN
WILCO
THE BLACK ANGELS
MASAmatix

と、これらがとても良かったライブです。
勿論、他にもいいライブは沢山ありましたがザックリとこんな感じ。


そうそう、
フジロックでも凄かったマダムギター長見順さんが今月モジョに来ます。
ベースにスパージャンキーモンキーのかわいしのぶさん、
ドラムはバッパーズやボガンボスの岡地さん。


去年、岩手の千厩(せんまや)というところに木製の椅子のライブを観る為にアクセル踏みっぱなしで東北道を走りましたが、
そこで対バンだったのが長見順&岡地さん。
岡地さんとは久々の再開、順さんとは初対面。
嘗て吉祥寺に「のろ」という凄いライブ居酒屋があり僕は20年前にそこでドントさんや高田渡さんとお会いしたのですが、
順さんはその時「のろ」のバイトの面接に落ちたそうで、ちょっとグッチっぽいその頃の話をする順さんがちょっと可愛かった。
その時の「いつかはモジョでやりましょう」が実現間近
9/19は楽しみです。




東北と云えば

岡地さんから誘われてプロジェクトFUKUSHIMA!に行って来た。
まぁビックリ。
このイベント福島出身のアーティストが中心となって立ち上がったイベントですが福島県や福島市がしっかりと後ろ盾したフリーコンサート、
でありながら遠藤ミチロウ「ザ・スターリン246」、遠藤賢司、七尾旅人、U-zhaan、向井秀徳、灰野敬二、グループ魂、頭脳警察、渋さ知らズなど、
勿論、マダムギターも
http://www.pj-fukushima.jp/project.html


これ、所沢でやりたかったんだよなぁ。


会場は結構広くて全部は観れなかったのだけどスターリンほんとにカッコよかった。

ドアーズの「ジ・エンド」(地獄の黙示録バージョン)がSE
その時点で泣く。

実はミチロウさんとは若い頃ちょっとお世話になったこともあり色々と思いでもありますが、それはまた今度。

そして10/8にはモジョに来ます。
これも念願叶った感じ。


何か書くこと書くこと宣伝になっちゃっていやですね。
まぁしかし毎日「仕事と酒とエロいこと」しか考えてないからしようがありません。
御免




おまけ
この時期は毎年恒例のプロレス興行があるので、
かなり身体をいじめている。
今年は汐満トレーナーのおかげで例年とは比べようがないほどの発狂状態でパンプアップ。
アドレナリンが出過ぎてよく眠れません。
http://www20.tok2.com/home/hmff/index.html
[PR]
トラックバックURL : https://mojomojo.exblog.jp/tb/16247939
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mojo-m | 2011-09-08 04:49 | Trackback

所沢の音楽喫茶「MOJO」店主が綴る寝言の数々


by mojo-m