2014年12月のスケジュール

1日(月)
ハッチハッチェルオーケストラ
Open/19:00 Start/20:00
予約2500円 当日3000円 (エビセン食べ放題、ドリンク別)

出演
ハッチハッチェルオーケストラ
ここはナポリか熱海かビアガーデンか?
『デタラメインチキ紳士』でお馴染のハッチハッチェルがポンコツ仲間たちと作り上げる極楽ワールド楽団
ほろ苦くも美しい、クダラナクも素晴らしい人生に賛歌を!
コケコッコー!息を抜くぜ!これぞ天国の大衆音楽!!
http://officebarbecue.jp/

オープニングアクト
ぱくぱく
http://pakupaku.de-blog.jp/





5日(金)
貸切 21時より通常営業





6日(土)
サキソフォビア新作『4』発売記念 LIVE at MOJO
Open/19:00 Start/20:00
予約3000円 当日3500円(ドリンク別)

井上”JUJU”博之 [ bs,ss,fl ]
岡 淳 oka  [ ts, 篠笛, a-fl ]
緑川 英徳 [ as,ss ]
竹内 直 [ ts,b-cl,fl ]

様々なシーンで活躍する個性派サックス奏者が集まり、98年9月に結成。 アレン
ジは単に楽器の組み合わせだけでなく、ひとりひとりの個性を念頭においてなさ
れ ている代役不可能のアンサンブル。サックスだけでなく、フルート、バスク
ラ、篠笛など を駆使した多彩なサウンドで注目を集める。 取りあげる楽曲は
ジャズの隠れた名曲、ポップス、民謡、オリジナル曲まで広範囲に渡り、 その
自由かつ大胆なアイディアで独特のホーンアンサンブルとインプロビゼーション
を展開する。





9日(火)
貸切 22時より通常営業





12日(金)
貸切 21時30分より通常営業





13日(土)
久島勝則カルテットwith駒野正美(投げ銭ライブ)
open 19:00 start 20:00
お通し(500円)+オーダー

駒野正美(vo)
久島勝則(ds)
杉山つよし(g)
瀬川真悟(p)
越坂部智彦(b)





14日(日)
野澤享司、生田敬太郎、菊地のりよし
Open/17:30 Start/18:30
予約2500円 当日3000円 (エビセン食べ放題、ドリンク別)

野澤享司
1950年生。1972年に、中津川フォークジャンボリーを経て、ソロアルバム「白昼夢」(斉藤哲夫・渡辺勝・カシブチ哲郎など参加)でURCレコードデビュー。
1977年、小室等のサポートギターを務めた縁でフォーライフレコードよりソロアルバム「kyoji Travelin’」(トムウェイツのバックアップメンバー等参加)リリース。その他、1978年までに「君が気がかり」「南へ遠く」「セイルオン」 等を発表。その後、一時ライブ活動を中断するも90年代に入り、旧友 斉藤哲夫、中川イサトのライヴ参加を機に活動再開。
1999年、アルバム「Fender Bender~遥かな海へ」を発表。2008年コロムビアミュージックエンターテイメントより、驚異のマジカル・アコースティックギター・テクニック! 「アシッドフォーク伝説の達人」こと野澤亨司のセルフカヴァー集「Self Covers Naked ’70」を発売。
現在はソロ活動を中心に シバ・斉藤哲夫・あがた森魚・及川港恒平等とのジョイントを織り交ぜながら精力的に活動している。

生田敬太郎
1971年エレックレコードから、1stアルバム『この暗い時期にも』生田敬太郎&マックスでデビュー。
泉谷しげる、古井戸、ピピ&コット、佐藤公彦、とみたいちろう、海援隊らと、唄の市コンサートに出演。
1972年エレックレコードから、三保敬太郎プロデュースの2ndアルバム『24+37』をリリース。
1973年エレックレコードから、アレンジャーに矢野誠等、演奏にスモーキー・メディスン抜粋メンバー等を迎えて、3rdアルバム『風の架け橋』をリリース。
子供向け番組ひらけ!ポンキッキの「およげ!たいやきくん」のオリジナル歌手でもあった(ひらけ!ポンキッキでは生田は他に「おとなもなやみがあるんだな」を歌っている)。
1975年テイチクレコードから、Char、佐藤準等を迎え4thアルバム『凱旋』を発表。
1976年、なぎら健壱が友人たちを集めてレコーディングしたライヴアルバムに、タモリ、友部正人、高田渡、斉藤哲夫、渡辺勝、大塚まさじらと参加。
1990年代後半から本格的に活動再開して旧知の斉藤哲夫との連名アルバム『生田敬太郎 斉藤哲夫』をFFAから発表。ライヴ活動も再開。
2008年コロムビアミュージックエンタテイメントから、『生田敬太郎&the Mole’s Soul』をリリース。永年の想いを録す。後輩の海援隊が、ファースト収録の「僕の唄」を『誰もいないからそこを歩く』(1980年)でカヴァーしている。

菊地のりよし
所沢の天才
http://humantouch.web.fc2.com/

オープニングアクト
W.C.カラス
http://www.wckarasu.com/





15日(月)
貸切 昼のみ通常営業、夜の部は通常営業しません





17日(水)
貸切 23時より通常営業





20日(土)
BLUES頂上決戦 Vol.2
デルタ兄弟、三遊亭遊喜、W.C.カラス
Open/19:00 Start/20:00
予約2500円 当日3000円

モジョでは久しぶりに落語家さんの登場、ブルースと落語のディープな夜。

出演
デルタ兄弟
W.C.カラス
三遊亭遊喜





21日(日)
ケンタローBLUES JAM SESSION Vol.82
Open18:00 Start19:30
1000円(1ドリンク別+お通し付き)

誰でも参加できる飛び入りセッションです 。
是非、楽器を持って遊びに来て下さい。





22日(月)
貸切 昼のみ通常営業、夜の部は通常営業しません





23日(火)
Eve-Eve Live Live Live Edit
Open/18:00 Start/19:00
2000円(ドリンク別、エビセン食べ放題)

出演
ヤマザキヤマト
夜の野球場
菊地のりよし&ヒューマンタッチ
イーモマヤコ





26日(金)
昼の部貸切 ランチの通常営業はしません
夜は通常営業です





27日(土)
次郎企画 presents
超詰め込み型 2014年末式 お洒落忘年パーティー「ミラクル忘年会 2014」
Open/Start 20:00~all night
3000円(1D+おつまみ付き)

SPECIAL GUEST LIVE: 光風&カラムシ
今年のFUJIROCK’14 で FIELD OF HEAVEN を沸かした あの光風&GREEN MASSIVEから 光風さんとカラムシさんが!! 光風さんはMOJOには一回ソロで来てくれてますし 新所沢 楽蔵屋でも僕と共演してます。 カラムシさんは先日の所沢での「OWL FES」に出演。 少しづつ「所沢」との距離が近付いていく そのストーリーを観ているのも楽しみのひとつです。 スペシャルなライブに期待全開!!

SPECIAL GUEST DJ: A Boy Named Hiro ( Response/S.S.T.H. )
吉祥寺からヒロくんの登場です! イベントオーガナイザーでもあります。 「Response 」「Seven Steps To Heaven」 吉祥寺のダンスミュージックシーンど真ん中です! 料理もできるし超良いヤツ センス抜群 ウェルカム所沢!MOJO初登場!! 好きなサッカーチームはLiverpool FC!!!

LIVE:
THE天国畑JAPON
Indus&Rocks
digda ( from 栃木 )
THE SCHOOL BOYZ
最果てBOYS and a GIRL ( from Senkawos )
・・・Nothing

LIGHT PAINT:
ハラダアツシ

DJ:
CEFI
会長(SANDINISTA STUDIO)
おーちゃん(Indus&Rocks)
RUSOW
Mountain ⅲ

J.Kurosawa & ZEN ZAI SUN

LIVE PAINT:
Luna ( from 三重 )
平山達也

BAMB LAMP:
cana area ( from 三重 )

CANDLE:
Addict Candle

念形DECO:
念形師家元
須永健太郎

流木DECO:
MARU

マジカルDECO:
飯野モモコ

SHOP
GLOW
POTSHOT
サイコベアー
タニク植堂
不思議屋
Chilling




28日(日)
カントリー&ブルーグラスの夕べ
Open/18:00 Start/18:30
3000円(食事付き、ドリンク別)

出演
グレートバレイボーイズ
オレンジブロッサム
ラウンドグラス





29日(月)
sakana、ロンサム・ストリングス、スーマー
open 18:30 start 19:30
予約3000円/当日3500円





31日(水)
例年通り年越し



年明けは6日(火)から昼夜ともに通常営業致します。
[PR]
トラックバックURL : https://mojomojo.exblog.jp/tb/23808122
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mojo-m | 2014-11-29 18:57 | 過去のスケジュール | Trackback

所沢の音楽喫茶「MOJO」店主が綴る寝言の数々


by mojo-m