鮪の漬けと小松菜の御浸し

お客様から「5S」の話が出ました。
ん~懐かしい、「5S」(整理、整頓、清掃、清潔、躾)「QC」(クオリティー・コントロール)「CR」(コスト・リダクション)
製造業に携わる人なら避けては通れない言葉です。

その中でも「QC」の定義ってのが面白いんです。
「客先の要求に対して、それ相応の原価で対応する」僕の中ではこういう解釈でした。
80%の品質の要求に対して、100%の品質の製品を提供することにより原価をオーバーすることは間違いである。こんな感じでしょうか。
つまり、いい物というのは自分が決めるのではなく、顧客満足をクリヤーするということです。

飲食業に置き換えれば「立ち飲み」という看板を掲げたなら、中200円、ホッピー200円で提供します。が、レミーマルタンは扱ってないんですよ、ゴメンナサイ。って感じでしょうか。
「ラーメン屋で刺身が食いたい」ってのも無理ですね。
ただ飲食業というのはコンセプトを自由に広げられる面白さもあります。それが付加価値として生かされる場合が多々あるのです。
以前は「屋台でフレンチ」や「ノーパンの従業員がいるしゃぶしゃぶ」なんてのもありましたね。

これ一生忘れられない一言になりそうですが「商売は金集めではなくて、人集め」
常連のOキ様から教えていただいた一言です。
なんでも、あるすし屋で原価が価格をオーバーした散らし寿司をランチに出していて「これじゃ儲かんない」とママがボヤいたところに、そこの大将が今の台詞で一括したらしいのです。
面白い!ほんとに面白いです。
[PR]
トラックバックURL : https://mojomojo.exblog.jp/tb/2759448
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from cigarette sm.. at 2007-03-26 18:15
タイトル : cigarette smokers adult
----------------!!!!!!!!!!!!!!!-------------------- ----------------!!!!!!!!!!!!!!!--------------------... more
by mojo-m | 2005-05-19 05:50 | Trackback(1)

所沢の音楽喫茶「MOJO」店主が綴る寝言の数々


by mojo-m