人気ブログランキング | 話題のタグを見る

2022年4月のスケジュール

2日(土)
WAIWAI STEEL BAND SEPTET LIVE

Open13:00 Start14:00

予約3000円 当日3500円(D別、エビせん食べ放題)


3日(日)
BLUES COMPANYの”Lucky 7 Tour
Open17:00 Start17:30
予約4500円 当日5000円
BLUES COMPANY:
Shun Kikuta (Vo, Gt), Lee Kanehira (Vo, Keys), Atsushi Katano (B), Marty Bracey (Vo, Dr)

オープニングアクト
サミー&ウエストポーチーズ



8日(金)
ケンタロウ・ブルースジャムセッションVol.144

Open17:00 Start19:30
1500円(D別、お通し付き)
※だれでも参加できる飛び入りセッションです。


9日(土)
seven oops Acoustic tour 2022 〜天晴れ!あんぎゃとツアー!〜
〈昼公演〉 OPEN 13:30 / START 14:00

〈夕公演〉 OPEN 17:00 / START 17:30



10日(日)

市原マサヒロ 『Pay forward』
open17:00~ start18:00~end19:30
¥3500+1Dr.



15日(金)

井上としなり×MOTEL
Start19:30
2500円(D別、エビせん食べ放題)



16日(土)

MOON SHOTS
Open17:30 Start18:00
予約3000円 当日3500円
出演
鈴木亨
大木大地



17日(日)

FRETLAND

Open17:00 Start18:00

予約3000円 当日3500円(D別、エビせん食べ放題)
FRETLAND
鬼怒無月 ag 有田純弘 ag 竹中俊二 ag
オープニングアクト
タとエ



21日(木)

『オープンマイクをしないかね』vol.3

参加費:¥500+1 drink order

※ジャンル、スタイル、キャリア(プロとかアマチュアとか、覚えたて、とか)、
特に規制はありません、
弾き語りでもインストでも。
マジックでも、落語でも、朗読でも、
ダンスでも、


22日(金)
〜YABAIONZ 最響ライブ〜
Start19:00

前売3000円 当日3500円(D別、エビせん食べ放題)

【YABAIONZメンバー】
◾️夏秋文彦
(鍵盤ハーモニカ・口琴・コンツォフカ・他)
https://hiconatsuaki.jimdofree.com/
◾️尾引浩志
(歌・口琴・イギル・他)
◾️じぶこん近藤裕子
(歌・ディジュリドゥ・口琴・他)
◾️じぶこん辻岳春
(ギター・ディジュリドゥ・口琴・他)
https://www.jibucon.com


23日(土)
所沢アコースティックセレクションvol.3 〜芽吹く春、ふたたび出会う音〜
●Open/Start : 17:00 / 18:00
●ticket : ¥3500+1drink(料理付)
●act : 紫苑 小林翼 佐竹康次郎 大木大地 and more…


24日(日)
カルメン・マキのデラシネライブシリーズ2022〜Phantom pain Vo:3〜
Open17:00 Start18:00
予約4000円 当時4500円(ドリンク別、えびせん食べ放題)
■メンバー
カルメン・マキ(vo)丹波博幸(g)河合徹三(b)上原ユカリ裕(d)中村哲(sax)
■オープニングアクト
SUEMARR(スーマー)


29日(金)
Anly “いめんしょり” -Imensholy Tour 47- supported by YAMAHA MUSIC JAPAN
Open15:30 Start16:00


30日(土)
インチキ商会 3RD ANNIVERSARY
Open/Start 15:00
2500円(D別)
LIVEDa.Me.Recoards Allstars 勝気煙 THE天国畑JAPON LOVE CLUB 
Bon_Appetit 小島元彦 ちびた

DJ
ノグノムノスケ CHOSHA セーブエイリアンズ

TALK
プロレス口喧嘩





トラックバックURL : https://mojomojo.exblog.jp/tb/31251450
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mojo-m | 2022-04-12 22:52 | 2022年4月のスケジュール | Trackback

所沢の音楽喫茶「MOJO」店主が綴る寝言の数々


by mojo-m